カウンター
[PR] ポイント ギャラクシー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

えごいすと

女の子は星の数いるし、かわいい子もまあ、それなりにいるよ。下北沢の駅前に出て周りを見渡せば360度パノラマ。3人はかならずかわいい娘が目に入る。僕の目の前に関してもなんかそれなりにいい職場だからかわいい子ばっかりで目の保養には困らない。ってちがくねえ?目の保養つうか最終的に僕らちんこが気持ちよくなりたいんじゃねえの?女なんて股を開かせてナンボでしょ?

って思うわけだけど、やっぱりこうなんつーの?えーっと・・・・・。やっぱりいいわ、この話。いいですいいです。はい、今日は解散。ありがとう。DJ仁成でしたー。さよならー。

純愛がいいよね。

ってそういう話ですわ。いや、キャラじゃないけど、そうでしょ、この世の中の社会通念上つうやつが。ガイアが俺に輝く的な男とお尻にバタフライのタトゥーがある女が六本木のクラブとトイレでRIOとパコパコしよっ!かましてるよりも手も恥ずかしくてつなげない的な初々しいカップルのがいいじゃん。美しいじゃん。まー、さすがに恥ずかしくて手もつなげないなんてことはないけれどもだね。僕と初々しいカップル(以下かまととぶってんじゃねえと表記)を結んでいい塩梅のところに位置していたい。そのポジってのが好きな娘とじゃないと付き合えない。もといセックスもしない。ってそういうことなんだろうな、俺の恋愛感。でも、こうも思う。

世の中知ったこっちゃねえ。

世の中なんてどうでもいいわ。俺を中心に世界が回ってる。俺のために存在する世界だから俺が一番いいように世界があるべき。世界が俺の肥やしになるべき。そうすべき。利己と利他。何を軸にもっていくかって話。僕は利己をとる。自分のために自分を動かす。仕事じゃ自分のため。家族も自分のためにある。友人、知人、社会、政治。全部俺のため。俺がしたいように全部するよ。電車で足腰ぷるぷるのばあさんが乗ってきたら譲りたいから譲る。どこぞのばばあが席に収まるためじゃなくてばばあが立っているのに自分が座っているのはいやだからたつ。つうか、その動作がめんどくせーから電車は座らない。山手線くそくらえー!家族が不幸だと俺がいやだから仙台に残した家族を心配させないように電話する。心配されるのがいやだから。まあ、その他各種僕は僕のためにしか行動しないとかそんな話です。

好きな女の子としか付き合いたくないからどうでもいい子とは付きわない。でも、22歳をもてあますのはそこはかとなくもったいない気もする。好きな娘としか付き合いたくない。22歳恋愛経験をつまないのはいやだ。二つの利己がぶつかる。ここに新たな言葉が生まれる。ジレンマ。

もうこれは最終的に僕心地よく感じる方を選ぶしかないんだろうね。ベストは好きな娘を作ってその娘と付き合うつうことなんだけどなかなかさー。つうか好きな娘を「作る」つう言葉もね。自然に好きになるもんだし。嗚呼。

これはね、世の中の女子の怠慢ですよ。クソビッチどもが。まんこ掻っ捌いて死ねよ、てめーらまじで。何が納得いかないっててめーら髪をうんこ色にすることですよ。トイレに流すぞ。くやしかったら殴ってみろ。

悔しかったら殴ってみろ→9月ギャラクシーのオフ会やります。
女子がいっぱい集まるといいなー←!!!

※詳細は今後発表します。

論語る

22歳ってもういい年齢でしょ?おっさんですわ、おっさん。っていうんもね、恋愛で言うとの話なんですけど。恋愛人生は大体30が関の山なんすよ。33のおばさんと付き合いたいですか?僕は死んでもいやだ。

30で俺の青春は死ぬ。

まー、人しだいってのも否めない。30になってもかっこいい奴はいるし、抱かれたい男として俄然木村拓哉は輝いてる。でもそういうイレギュラー考えるのめんどくっせーんで具体的な数値を出すと30じゃねえかなって。30過ぎたら男女肉体的には崩れ去るのみじゃん(ひょー!)。でさらに具体的な数値を出せば大体15から男女混じっていやらしいこと始める。だから22つうともう半分はきててふっつーの人生に換算すると40歳くらいなわけ。かわいい女の子に詰め寄られても「40にして惑わず」つってぶっさいくな今の彼女を選ばなきゃならねえの。僕なら迷わずかわいい子選ぶけど。これが40にして迷わずの意味か。ぶっさいくな彼女もいねえけどよう。

恋愛人生中年の僕なんですが、今の状況は相当やばいね。不特定多数の女子とデートを重ねて終電で帰宅。まあ、自慢なんですけど。女に困らないっつー自慢でしかない。

でもね、こんな自慢にキーッってなってるようじゃ僕から言わせてもらえば哀れでしかないよ。なぜなら僕は40歳。マイホームとか持っててもおかしくないし、車庫にはカローラつうのがベストなの。決まった彼女と結婚にむけて貯金とかしてるくらいじゃないともうだめなわけ。婚期の第一波が着々と!着々と迫ってきてんだよ!ファックだよ、まったく・・・・。

そろそろね、まじで彼女を作らないとやばいからね。先日僕も晴れて彼女いない暦一年になったから。ふわっふわと女の子とご飯行ってる場合じゃない。

つう話をいない暦一年弱のときに職場の女の子としてたらめっちゃ顔近づけて「私を彼女にすれば?」って言われて。「40にして迷わず」とかぜんぜん。チューしてえしか考えることができなかったね。で、その次におかしいな、こいつ彼氏いるのにって。思わず言ったわ。

「すっげーね」

リアルな話していいかな?彼氏はラグビー部出身で身長190センチだぜ?この話を知った彼氏が怒り狂って日ごろ鍛えているあの腹筋、背筋、上腕二頭筋、大胸筋を僕にぶつけたら僕はどうなるかな?死ぬね。死んだ。俺死んだ。はい死んだー。俺もラグビーやっときゃあよかったね。でももう死んだからどうしようもないわ。来世でアイシールド頑張る!ってなるでしょ?

すっげーよ、この娘の一言。超ド級だなって思った。人を一人殺すからね。

僕もそんなブログやりてえなって思う。

ブログなんてたかだが三年が寿命でもうこのブログを一年と9ヶ月やってるから僕のブログも中年がいいとこで50にして立つだなーって。やっと方針が決まったなって。でもそれなのにこんなふわりとした更新してる自分に言いたい。

すっげーね。

ガールズアバウト

同期を見かける度に浣腸していたら「ゲイなんですか?」と聴かれた。ちっげーし!生き甲斐は女子、趣味は嫌がらせ。その趣味部分で思いっきり尻に指を突き立てていただけだし!ノーガール、ノーライフやで、全く!と昼間っから時にはアナルなんて単語も交えながら説明したけれど、僕の汚名は返上されるどころか挽回する一方で夏も近づいてきたし、まあ、そろそろ彼女でも作るかなあとついに仁成大地に立つである。

まあ、周りも見渡してもいい女(堀北真希一択の意)はおらず、ファックであるなあ、しょうがない。適当な女で手を打つかと舌をペロリ。三人ほどリストにあげたんですけど、何か決め手にかけるつうか。三人とも各自いいとこ、悪いとこがあってそのどれもがクリティカルじゃない。もうこりゃどうにもならんので読者に委ねようと。うちの読者なんてろくでもない滓ばかりですけど、この際どうでもいいですわ。それくらい僕は仁成ゲイ説に不服。

一人目は顔面偏差値70オーバー。あちらも僕に好意を持っており、社内でもあの二人いい感じじゃない?と噂されている。が、しかし彼氏持ち。前回の日記の娘。まあ、偏差値70オーバーを簡単にあきらめれるわけねえよ。

二人目は内面偏差値高めの娘。明るいし、常識あるし、マナーもあるし、素直。一回飲みに行ったけど、気持ちよく飲むことが出来た。ただ顔があまり好みじゃない。客観視すれば可愛い。

三人目はステータスがオール普通。しかしネット、漫画、アニメに精通しているので話があう。オワタってずっとシャウトしてた。

どうすっかなあと三人のいいところが合体すれば僕もすんなりとインサートつう手順になるんですけれども。世の中そんなに甘くはないですわ。

というわけでどの娘と付き合えばいいのかお知恵を拝借したいなと。ちなみにおっぱいが大きいのは三人目の娘です。お願いします。

悪い男

「仁成さん素敵。本当にかっこいい。」

こんなことを顔面偏差値70オーバーの女子に言われたらこの世はでっかい宝島ー♪ってなるじゃないですか。こいつ連れて仙台帰るわー。もう東京でやり残したことねえ!友達と仕事よりも女だよなーってゲラりながらビール飲んでた。そんな上機嫌な休日に下北沢歩いてたらその娘が男と手をつないで歩いてて「あっらー」って。フラリフラリとなんとかマックに入って「世の中世知辛いっすねー」「ですなー」ってぼやいてたら四時間経ってた。「この後どうする?」「帰るわ」「おっけ」友の背中を眺めながら決意した。僕は傷つける側に回る。

傷つけられるくらいなら傷つけてやる。稚拙かどうかなんてどうでもいい。道徳も常識も理論も。ただ思う。女は魔物だ。女の子はあのやわらかい肌の下に魔物を飼っている。それでも僕は女の子が好きだからあのやわらかさが女の子の奥の奥までずっと続いていて欲しい。続いているんだ。続いている。続いているよと・・・・・。でももううんざりだ。僕は搾取する側に廻る。僕が手をつなぐ側に廻る。僕だけが女の子の心を動かす。僕はただ自分の奥底の魔物と向き合う。魔物の言うことだけを聞く。そして魔物になる。悪男ここに誕生である。

「今日のパンツ何色なん?」

「死ね」

いや、こう言うのじゃない。

「経験人数何人?」

「7人です」

19歳でこれかよ・・・・。14で初体験ってのを後から聞いたからえーっと・・・・・・・。ってちげえだろ!

「いやー、制服姿はいいね」

「萌えます」

「萌えるわー」

「嬉しいです」

これはいい傾向じゃあるまいか?女の子の心を決定的につかむ決定的な一打を・・・。

「みんなと結婚したい!!」

プッ、プレイボーイ!!!

「死ね」

心の傷と世の中の世知辛さとそしてマゾヒズムな快感。僕が得たのはそれだけだ。

胸と肉

先日、多摩川のほとりでバーベキューをするというイベントの通達があった。砂埃が舞い折角の食材を汚染するかもしれぬし、座るところも不自由で固いゴツゴツした石の上に敷いた青ビニールに座ることを強いられ、疲れた体で重たいコンロを運び、窮屈な私鉄に乗るなど言語道断である。のほほんと不参加でと同期連に通達したところ強制参加の旨を知ったので上司の足にすがりこういった。

自分は太陽光を好まず、折角の休日に河原にでて赤外線で肌を焦がしては次の日の仕事に差し支える。バーベキューにより同僚と親交を深めるのは大事なことであるが、仕事が第一である。その仕事をないがしろには出来ない。よって私はバーベキューに参加しない。

まあ、翌日曜僕は河原にいた。

存外バーベキューは楽しく炭を見張る者、バレーを講じる者、水切り、お喋り、シェスタとまあ、様々であった。自分は女子とのおしゃべりに全神経を集中し、肉が焼けたと聞こえれば、肉を食らい、肉がなくなれば女子。肉、女子、肉の往復であった。楽しくないわけがない。少し遅刻し、また少し皆より早く帰り、また肉ばかり食らい、河原にさく花、オフィスレディーに囲まれた自分は炭を見張っていた男性社員になんだてめえはとぶうたられたのだが、こいつは申し訳ない、私がわるうございと680円のラー麺を馳走してやることによって事なきを得た。世の中調子よく回るのが一番いい。この会社で学んだことはこれだけだ。

さてそんな楽しいバーベキューであったが一つドギマギしたことがあった。自分は脇に手を挟み指をベースプレイヤーのようにちょこまかと動かす癖があるのだが、多摩川で太陽の日をサンサンしながら指を動かしていたところ柔らかい感触。むむむ?と指の切っ先を見てみたら思いっきし女性社員の胸を愛撫していた。うちの法務部門は普通の会社よりも強く、将来そこに行けば女性社員の憧れの的であると考えていたのだが、その法務部門を今敵に回すなどあってはならない。と女性の身よりも自分の身を心配して土下座せんとす勢いで謝った。

すみませんでした!

顔を真っ赤にしてただ自分の将来を案じる自分に女性社員は無言のアンサー。後日聞いてみれば泥酔していたため覚えていないとのこと。あほやないか、こいつ。まあ、胸を愛撫するほど近くにいることを気づかない僕もかなり酔っていたよ。

バーベキュー案外悪くはないではないか。肉は食えるし、胸は触れる。毎日のように開きたいなあと考えていたところ社員旅行の通達があり、これも強制参加であり、自分は真っ先に肉は食えるのか、胸は揉めるのかと聞いたところ総務の課長にばしこーん殴られた。

転じて転落

見事な転落振りである。一週間ほど前はこの世の中をなんて素敵なところなのだろう。光あれ。ハレルーヤ!などと考えていたが、なんてことはない。この世の中は最低だ。

一週間前の状況をさらりと書けばリア充そのもので彼女ができるのも秒読み、同期と友達に溢れかえり、ネクタイかっこいいですねと女子契約社員に誉められる。そんな素敵ライフだった。

しかし、今週になって件の女子からはぱったり連絡が途絶え、上司が優しいと思ったら異様なまでに仕事を振られ、まあ、これもキャリアへの・・と考えていたら謎の腰痛に悩まされ、この世を憎悪する始末。まあ、早退出来たから腰痛はいいや。今週の仕事の消化率は未だに5パーセント未満。死ねる。

それにしてもなんなのだろう、このダメダメ加減は。週末とともに俺の人生も終わってしまったのだろうか。僕の力ではもうどうにもならんと上司に場末の居酒屋で女からメールがない(原文そのまま)と汚れた20代後半のような事を漏らすと汚れた20後半の上司は風俗行けばと言う金言を授けてくれた。死ね!

結局は自分の力でどうにかするしかない。女からメールがないことを逐一上司に報告するようじゃエリートサラリーマン、六本木ヒルズの向こう側は見えてこないのだ。腰痛がなんだ、くそったれと自分の腰にドロップキック食らわすくらいの意気込みでないと駄目だ。まあ、おそらくが食らった刹那に俺の腰は死ぬ。

どうすればいいか。答えは簡単だ。他の女の子を探す。えー、それでいいの?仁成さん。あんさんあの娘にベタ惚れなんやろ?

もう引きずるのはやめたの!!

諦めって肝心だよねって思う。メールがねえ!と人妻歴一カ月の女友達に泣きついたところそのうちあるよと返ってきたが、そのうちじゃおっせーんだよ、このみそっかす!!そのうち僕はおっさんになって耳の裏からこの世のものとは思えない、されど確かにそこに存在するようなスメルを発生させることになる。夏場はランニングシャツが透けるほど、汗をかき、その汗はサラサラというよりはドロドロが適当で・・・とにかく僕に今引きずる時間はない。

昨日、病院に行ったところ一週間安静にしていないとマジで腰が死にますと医者に脅された。

腰の痛みを引きずるのか?引きずる?引きずる。とか考えながら件の女子を思い浮かべる、今日は火曜日。週末にはこの世が滅んでいたらいい。

今の生活に関する考証。

最近充実した生活を送っていると言う事をお伝えしなければならない。勿論こんなものは義務じゃあない。礼儀として。具体的に書いてもまあ、面白い話ではないので省くけれど、ネットで言うところのリア充なのだろう、自称であり、また公称でもある。

これを伝えせずして「あぁ、おまんこしてえな」と書き殴っていたのでは国辱物な僕の日常と思考から織り成すブログを期待してここに足を運んだ人を裏切る形になるのではないかと、そう思ったから充実していると書く。充実していることが裏切りかどうかについてはまた別の機会につうかしゃらくせえ!

しかしだ。男女入り乱れて酒を呑んでいる時も女子と二人向かい合って酒を呑んでいるときも上司の金で酒を呑んでいるときも自分の居場所はここではないんだぞとどこか反骨めいた感情で胸がいっぱいになることが刹那だけれどもある。僕は自分に甘い人間だからそんなこと知ったものかとやんややんやと泡盛を胃に流し込んでそろそろ気持ち悪くなったぞとゲーゲーやる。一通り吐いて卓を共に囲んだ人たちにどうもすみませんでした。もうお酒は呑みませんと平謝りして帰宅。鞄を放り出しネクタイを脱ぎ、Yシャツを脱ぐか脱がないかくらいでベッドにノックダウン。仁成選手6ラウンドの接戦の末マットに沈みましたー!!

要は家だ!そういうことでしょ?家が一番いい。終電なくなっちゃったね?つうならタクシーで帰ればいい。帰る事をいの一番に考えてくれ。タクシーだと5000円くらいかかるなら何故終電逃したんだとこうなる。まあ、それを言うよりも今この瞬間をどう乗り切るかが大事になるから今日は漫画喫茶にでも泊まれば?つって俺はタクシーで帰る。わざわざ変なホテルに泊まりたくないし、始発を待ってマックでダベりたくないでしょ?俺が今必要としてるのは自宅であってちんこが気持ちよくなることなんて二の次なの!!

なんでこんなにもいいんだろうな、自宅。飯食って風呂入って寝る。それだけの自宅がこんなにも愛おしい。安息の地自宅。ユートピア自宅。神々の住む地自宅。

そもそもだ。自宅で遊んでいれば終電を逃すことはない。もし相手が逃しても今日泊まっていけば?となり、結果として自宅にずっといることが出来てちんこも気持ちよくなる。これ以上の一石二鳥がどこにあるんだ。

しかし先日、実家に帰ったとき僕は思った。自宅なんてくそくらえだ。実家にはどう足掻いても勝てない。僕のシャングリラは実家にあったのだ。驚いたことに実家にいるときは何もしなくてもいいのだ。夕日が沈んで幾許かしたころにホカホカのご飯が出てくる。それに食らいつきテレビを見ていると風呂がいい案配の時間に沸き、さっぱりした後はふかふかの布団で眠りにつくのだ、Zzz。

ああ、実家はなんてすばらしいんだろうと実家に住む母親と言う人にどうやったら実家に住めるのかと尋ねたところいたく心配されたため、僕はなーんちゃって!とごまかしたが、ひどく残念に思った。どうしてだ!!

そう言えば実家を自宅と呼んでいた頃は僕は実家から出たがっていた。女子を気軽に読んでちんこに対する摩擦刺激を受けることが出来ない実家にすっかりと嫌気がさしていたのだ。しかしこうしてみるとなんてことはない。自宅でも女の子を呼び出すなんて作業は出来ないのだ。畜生、騙された!

結局のところは何かを決める時にちんこの気持ちよさを考慮にいれてはいけないつうことなのだろう。その結果が今の僕の生活だからだ。充実した生活を送っていてもちんこが気持ちよくなくちゃ・・・。今回の更新をまとめるとこういうことになるのだが、まあ結局はちんこである。

ごまかしのいろは

夜が明けて空が白く染まる頃にテレビをつけると情報番組がやっている。

どこそこのパンがおいしいとか天気がどうだから今週末はデートでどこそこに行くのがよいとか。そんなどうしようもないことをわざわざ公共の電波を使って発信。くっそくだらないのだけれど、そこに出ているアナウンサー的な女子のレベルがそこそこだからたまに「あーくだらねー!」しながら見る。何よりもそこに深みがあるから。

情報番組女子A「私のほうがアヤパンよりもかわいいのに!」

この議題について話すとすればYES!である。高島彩よりもかわいい女の子がざらに出てくる。ではどうして彼女たちはめざましテレビに出ることが出来ないのか。何やらどんよりとした大人の世界が垣間見えるようなそんな気がする。

「めざましのためにそんな娼婦のようなこと出来ません!」

だから僕は朝の情報番組が好きだ。

・・・・・・・・・・・・って友達が言ってたんですよ。マジできもい。死ねばいいのに。え?だめ?こういうのだめ?ばればれ?僕ってばればれ?うっせー、ちんこぶち込むぞ!

なんかあるでしょ?フェチズムのカミングアウトで変な空気にさせちゃうこと。夜中の3時くらいに性癖の話しようぜ!ってアルコールと眠気でぐだりながらなるじゃん。そこでトップギアでいけると思ったらみんなセカンド止まりで大惨事。うわああああああ!!!ってなるじゃん。今回みたいにね。ここをうまく乗り越えるなきゃならない。そもそもしゃべらなきゃいいんだけど、語りたい夜ってあるから。ディザイアを語ってしまった上で成功へ導こうって今日はそんな更新。

「って無理矢理言ってみたけどないわwwwだめだ、これww」
いやそんなこと俺の本心じゃないんだけどねコースに持ち込みたいけど、持ち込めない。そんなコース。痛々しさが残るだけのワスート二位のアンサー。

「はあ!オナニーしたくなってきた!」
オナニーと言うビッグインパクトですべてを打ち滅ぼす。まさにデストロイ。しかしこれはあまりにも多くの俺を傷つけすぎるから。朝の情報番組でオナニーするケダモノの称号を得るだけ。

「って言っちゃう俺が好き!」
すべて受け入れていこうつう感じでラブ&ピースの精神を具現化したのがこれ。三枚目にうまく着地。しかしそこはヨゴレゾーン。あなたも明日から明るい変態です。

「ってリリー・フランキーが言ってたわww」
あれ?これ正解っぽくね?とりあえず下ネタはフランキーにふっておけば間違いない。みうらじゅんでも可じゃね?フランキーが言うならしょうがないもん。

なんかさすがやね。俺さすがすぎる。出来る男仁成。マイサンシャイン仁成。抱かれたい男仁成。木村拓也仁成。自分の才能が怖いよ。

下ネタのカムアウトはこれで終わりにして、次は「まじ上司ぶっ飛ばしてえ!!」って口外したら後ろに上司がいたケースのごまかし方なんですけどね・・・。なんていうか助けてください。切実に。

イントロ

冬が終わり春が来た。

故郷であるところの仙台~惰性を貪るところ~を抜け出して今年度から東京で社会人。帰宅途中にコンビニに寄ってガリガリクンを買うのが何よりも楽しみだ。

そう言ってしまうと何やらひどく寂しい情景が浮かぶのだが、そんなことはない。僕はここに社会人デビューを極めた。超サイヤ人(リア充)として今日も働いてきた。ネクタイはスーツカンパニーだ。

いやいや、ふざけんなよ、仁成のくせに!

そんな言葉もあるだろうけど、僕にはどうしようもない案件だ。だって同期に人気があるのもモテてしまうのもしょうがないことじゃないか。僕には関係ない。ただ一言ハウトゥーするのであればなにかにつけて「おいおい、てめー死ねよ!」と言っておけば笑いが取れてそしてモテる。なんでかはわからない。複雑怪奇な世の中である。あとは強いて言うならこの美貌なのかな^^

そんなことはどうでもいい。

スーパーおまんこタイムの始まりだ!!!

だって、そういうことでしょ?これを期待してこのブログに来たんでしょ?ほんっとうにあんたら好きもんやな。真面目な顔して電車乗って出社して上司の顔を伺いながら仕事して牛丼食って帰宅してネット開いて「どれどれ」とか小難しい顔しながらこのブログを。見ているわけでしょ?・・・・・・本当に汚らわしいな、君たちは。出会ったのがインターネットで本当によかった。もしもあなた方が同期、取引業者、合コンの相手はたまた上司だったらえらいことだよ。オレのために死んでほしい。・・・・・・・・・・・何?死ぬと申すか。それではその命私が貰い受けよう。私が死ぬまで忠義を果たすがよい。

とかなんねーかな?だめ?こういうのだめ?とりあえず男からは金を徴収、女の子肉便器にして俺の帝国を築くつうストーリーなんだけどだめ?またアクセス減るだけ?なんでブログで読者に死ねって言うとアクセス減るのかなあ?ねえ?

読者様のおみ足をなめさせていただきたくこれから少しずつではありますが、ブログを更新していきたいと思っております。

こういうことだろ?あんたたちが欲しくてたまらない肉棒はこんな形なんだろ?僕のようなクズが地面を舌でなぜるのが楽しくてしょうがないんだろ?入社前研修中に廊下で「だっりー!」してたら社長が前を通りかかったとかそんなんが欲しいんだろ?めっちゃ冷や汗でた。首になるかと思ったもんね。あせらせやがって!死にさらせ!

つうわけで題名がセンスのないことで有名なギャラクシー再始動です。社会人編。OLのまんこってなんであんなに黒ずんでるの?とか合コン相手が初恋の相手だったとかそんな話をしていきたいと思う。でも強いて言うならこんなブログはやくやめちまいたいよ。

«  | HOME |  »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。