カウンター
[PR] ポイント ギャラクシー 思考は空論

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

仁成系男子

草食系男子の主な特長とされるものは以下の通り。
* 外出より部屋にいる方が好き
* 繊細である
* 性風俗を無駄なことと思い、お金を使わない
* 女性に誘われれば旅行やショッピングに同行するが、恋愛に発展しないことが多い
* 恋愛に積極的でない
* 人付き合いや恋愛に使わないエネルギーは趣味やファッションに向かうため、お洒落なヒトが多い




あ、どーも!草食系男子でーす。また会いましたね。

いやー、最近流行の草食系男子って言うの?噂になっててさ。逆チョコとかはどうでもいい感じでしたけど、これははやらせていきたいなって思うの。僕とか割と草食系もいいとこみたいな?今日の夕食も川原に生えてた草でしたからね。野球帰りの少年達に「うわ、草食系男子がいるぞー!」なんて言われて。バッドでボコボコにされてね。

いや、まあふざけるのはここまでにしてさー、ここから真面目に議論していきたい。上の草食系男子の特徴に自分を当てはめていきたいと思うの。


「外出より部屋にいる方が好き」
大学生活で一番時間を費やしたのがスーファミ。
カービィボウルの二人プレイを一人でやったときは正直死にたかった。

「繊細である」
元彼女の友人に影で遅漏王と呼ばれていたそうなんですが、とても傷つきました。

と言う話をすると割と受けるので重宝してます。
オカズは勿論元彼女とその友達。すげえ出るよ。繊細でーす^^

「性風俗を無駄なことと思い、お金を使わない」
風俗には行ったことないですが、「お勧めの店ない?」と聴かれることが多々。
おそらく一生行かないです。オナニーでいいやん。

「女性に誘われれば旅行やショッピングに同行するが、恋愛に発展しないことが多い」
よく女友達の買い物に付き合います。
最近はティファール買いに行きました。未来の旦那(今年結婚予定)である彼氏と新居で使うそう。
なんちゃらセットの重いこと重いこと。めちゃくちゃ重くてびっくりした。二人とも死ね。
死ね!死ね!

「恋愛に積極的でない」
モテないんじゃない。消極的なんだ。もう言うことはないよ。

「人付き合いや恋愛に使わないエネルギーは趣味やファッションに向かうため、お洒落なヒトが多い」
母親におしゃれって言われたことがあります!!


じゃあ、もう一度言いますよ?

どうもー、草食系男子でーす。また会いましたね。

また会いましたねはいらないの?ふーん。

コンテンツのnewsにて表明した通り、このブログが100pv/日を越えたらオフ会を開こうと思っているんだけど、その時は警戒しないで出てきて欲しい。ネゲットだのお持ち帰りだのそのような人間として最低な真似は致しません。だって草食系だから死んでも飽き足らないってフィーリンです。草食系だもの。そんなん僕が草食系パンチ喰らわしますぜ。いちゃいちゃもしません。指一本触れないことをここに宣言します。何度も言うよ、草!食!系!

もっとも読者死ねとか好き勝手書いてたらアクセスが激減したのであと一年くらいは出来ないんじゃないかなの心。ぶっちゃけると昨日のアクセスが29です。各方面からオフ会やってくださいって言われている僕としては本当に心苦しいんですよ。あとは分かりますね?

人気ブログランキングへ
ありがとうございまーす。


それでも女子は不安だと思うの。やっぱり男ってのは心の中に狼を抱えたもんだと思われていると思う。このケダモノ!って話でしょ?おまんこしたいですわーとかブログに書いてるようなそんな生き物なんだって。今日ここで証明したいなって思う。女子の安心こそが僕の幸せだから。


僕とラブホで一泊してくれる女性募集中でっす!

心配は要らない。大丈夫。僕はなんたって草食系。ちんこがあるのかどうかも定かじゃない。金玉を失くしてから数年経つし。セックスは三歳の頃からしてない。簡単なお仕事です。

オチが読めてた?黙っとけ。ちんこで口塞ぐぞ。

えへへー。

好きかも

「言葉には力がある」とか、「言霊」とかそんな言い方をするといっきに胡散臭くなってしまうのだけれど、言葉にはやっぱり力みたいなものがあると思う。僕はそれを信じてブログを書いて・・・・るわけねえだろ、馬鹿野郎!僕のブログとは全く関係ないところで言葉は力を発する。


「あの子、仁成のこと好きらしいよ」

僕は女子の9割9分と関わらない中学生活を送ったんだけど、もしもこんなことがあったらもう好きになってしまうもんね。今まで一度も話したことのないクラスメイトもその日からは無意識のうちに焦点の中。無人島で三日一緒になっても手出さないなって感じの子でも好きに・・・・なるわけねえだろ、馬鹿野郎!せめてちんこは勃つくらいの娘のときにこの言葉は力を発する。


「好きかも」

二十歳そこらだったらこれだね。

「バイトでかっこいい人がいてぇ」から始まるのよ、スタバでね、スタバ。味わからないけど、スタバおいしい的なあれで。あと禁煙だし。「誰似?」「うーん、分かんない」なんて言いながらフラペチーノにブッ刺さったストローをクルクル遊んで。「レジ打ってたらすげえ酔っ払ってる客いて助けてくれたりして」「へー(携帯打ちながら)」、「お客さんにビールかけちゃったときも一緒に謝ってくれて掃除手伝ってくれたり」「・・・・(携帯打ってる)」とまあガールズトークは進んで最後に「なんか私好きかも」って漏らした瞬間に正面の女も面をあげて「ていうか、もう気持ち固まってるんでしょ?」ってしたり顔。「うん、やばい・・・・好き!!」みたいな感じになるんでしょ?僕の知らないところでこんな会話あると思います。

好きになるよりも好きなのを気づく作業に近い気がしますが、それも言葉に出さなければ分からなかったこと。まあ、気になる人から好きへのシフトチェンジは結構どうしようもない感じのことが多いし、俺関係ないしどうでもいいわ、ボケ。クソして寝る


「パンティーが好きかも」
いや、もう好きだし、そんなのはずっと昔からだ。僕がいくつくらいの時かな?子宮を出る前か?

「女性よりもパンティーが好きかも」
幾度となく繰り返してきたパンティー更新と前回の更新でやっと分かったよ。

「女性よりもパンティーの方が好き」


そういえば僕は女性よりもパンティーの方が好きだった。勿論女性が好きだ。大好きだ。女性に死ねと言われれば死ぬし(美人限定)、舐めて?と言われたら舐める(美人限定)。でもパンティーはもっと好きだ(美人の限定)。女の子と喋っているときはいつも「こいつよりもこいつのパンティーと楽しみたい」と思ってるから。「パンティーを残して終電来る前に帰ればいいのに」とかね・・・・・・って友達が言ってました。パンティーとホテル行きたい。

彼女>>>彼女のパンティー>>>>>女性のパンティー>>>>その他女性

ヒエラルキーを言語化すればこう。さすがに僕も彼女よりはパンティーの方が好きだし、パンティー目的で女性には近づかないよ。でもお付き合いしている女性が今いないからやっぱりパンティーに軍配があがる。ただの布?お前らだってただの肉だろ。

女性達は僕みたいな底辺野郎にパンティー未満だ、パンティーのオマケだと言われてくやしくないのですか?悔しいのなら分かりますよね?僕は今彼女募集中です!パンティーに勝てるチャンス!!


僕は彼女が出来る。僕は彼女が出来る。僕は彼女が出来る。僕は彼女が出来る・・・・・・・・。

言葉の力をここに信じたい。

女子からもキャーキャー

さんまさん(中略)いや、もうホンマに違う人やなと思うな、人種が。同じクラスにいたとすれば、絶対あの人はクラスの人気者で、女子からもキャーキャー言われて、面白い面白いって言われてる。オレはもう男八人ぐらいから絶大なる支持を得て(笑)、オレの言うことで七、八人はものすごい腹抱えてわらうねんけど、他の女は「なに?気持ち悪いいぃ~。なに考えてるのぉ~、分かンない」みたいに言われて(笑)

出典:「放送室」 高須光聖・松本人志



松本人志がラジオでさんまさんについて喋ってことなんですが、ずいぶん前の放送のことなのに今も覚えています。お笑いと言う正一辺倒に見えるファクターにも陰と陽があって即ちさんまが陽、松本が陰となるのです。陰部分でもっと分かりやすい例を出せば鳥肌実なんかが最たるものですね。うちの母親は鳥肌実と聴くだけで寒気がすると言います。そもそもなんで鳥肌実を知っているのか問い詰めたいですが、その隙がないくらいに嫌悪を隠しません。

笑えるのかどうか分からない(答えは明確なのですが、そういうことにしておきましょう)ブログですが、陰陽で唱えるならば、僕のブログは陰。ブログが「キモ」い!!で書いたのはそんな心です。まあ、七、八人の信者がつかないところに僕の才覚とかそんな部分に貧弱なものを感じるのですが、さんまと松本で言えばと言うことにしておいてください。

言うことにして置いてくださいと言ってもおそらく今の僕には「分からない奴には分からないだろうよ」な奢りを感じるでしょうから僕のブログのポジションをもっと厳密に言うとすれば、基本的に机に突っ伏して寝ているのだけれど、時折起きて寝ている者同士で和気藹々とやっているブログとなると思います。分かる人に分かればと言うよりも分かる人がいるの?不思議!となります。要は根っからの根暗ブログであると。


「最後に女子と喋ったのっていつだっけ?子宮から出てきた後喋ったっけ?」
そういうことを書くブログなんですよ。

「なんか僕俗に言うセカンド童貞らしいんですよ。長いことかけてようやく童貞卒業できたと思ったのにセカンドって(笑)っざけんな、ぶっ飛ばすぞ」
こういうことを。

「ちんこ握り締めすぎて精液に血が混じったことはあるか?」
うんうんこれこれ

「女は子宮で考えるというので脳外科医になったのに切開するのは頭ばかり。今にして思えば産婦人科が僕のシャングリラだったんだなあ」
これだね!

「ステーキが食いたくなったのでサイゼリアに行ったんですよ、一人で。一人でファミレス無理?じゃあ、死ねば?」
これ?

「最近と言ってもミニスカートを日本女性が穿き出したのは大分前のことですからあれなんですけど、大きな括り平安時代とか含めた括りで見れば女性の肌の露出度が高くなっているでしょ?そのうちトップレスになるんじゃねえかなって。それまで死ねないなって。僕が言いたいのはそれだけなんだけどね」
これなの?

「今日は掘北真希の乳首の色の考察についておこないたいと思います。興味深いでしょ?えへへ」
これではない(だけど近日公開予定)。

「姫咲しゅりを初めて見たときに忍者だと思いました。あの腰つきは相当な鍛錬を積まなければ、出来る芸当じゃないんですよ」
これじゃない!

僕が書きたかった文章はこんなんじゃない。うまく言語化出来ない。情報の伝達に齟齬が発生するかもしれない。でも、聞いてもんなんですが、さんま松本論で言えばさんま寄りの文章。

なんか気軽にパンツの話とか聴けるブログ。ロンブーの淳的な?まあ、今も聴けるけどさー。


Q.一番派手なパンツの形状を詳しく説明してください。

A.トランクス、ボクサー、トランクス、トランクス、トランクス。



こういうことになっちゃうから。野郎ばっかりでしょ、うちのブログ。やだやだ。当面はなんて言うか女性が集まるブログにしたいなって。女性が集まるにはどうすればいいか?いやいや、簡単じゃん。そんなの。ちんこの話してればいいんだよねー。女子ぃ?

だから明日からちんこ系ブログでいきたいと思うの。明日から「も」?いやいや。

回っていく

レコードは回る。ずっと同じスピードで。同じ形で。同じ匂いで。針の摩擦が奏でるのはレッドチェッペリンの乱暴なギター。その音色はずっと変わらない。でも僕があの頃みたいに乱暴にそして美しく心を震わすことはない。耳から耳へと抜ける振動が悲しい。

と言うわけでセイアイギャラクシー100回目の更新でございます。開設から一年と数ヶ月。よくもこんなにもどうしようもない記事を書き続けてこられたなと驚嘆すると同時に背筋に寒いものを感じます。あとはまあ、そうだな。100回程度で騒いでんじゃねえよ、この弱小ブログ野郎が。

今日はこの場を借りて・・・と言うか僕のブログなので借りるもクソもない。100回を振り返ります。振り返るぞおおおおお!!後悔だけが人生だ。

やっぱりやめます。

いやだって振り返ったところで・・・ねえ?そういうことでしょ?時間を無駄にしたくないのよ、僕だって。こんなブログを運営している僕でさえも。一回目の更新読んで眩暈がしたからね。よくもこんなのをアップしたもんだなと。今なら即効でボツネタ行きなのに。感性めいたもんが変わっちゃったんでしょうね。それが変化なのか成長なのかはわかりませんが、昔の感動を今は味わえない。

いや、本当にそうか?ニルヴァーナがしたチェッペリンのカバーを聴いた時、僕の心は確かに昔のように震えたんだ。第一回目の更新だってどうにかすれば・・・・・。

と言う わ け で(ででーん)!!

今回は第一回目の更新の焼きまわしをお楽しみください。その当時に書いた体で書いていこうと思います。元の記事はこちら「就職活動の憂鬱」。ちょいと説明させてもらうとすれば、第一回目の更新には何も思い入れがないです。存在すらも忘れていた。100点満点で15点。では、始めます。





【新・就職活動の憂鬱】

今現在僕は21歳なのだが、年齢をぴたりと言い当てられることが少ない。大体18~24歳の間で前後している。僕はそれをお得として楽しむ。若くも大人にも見られる。二つの顔を持つ男、仁成。スーパークール。今日も男はミッションのため排水溝の中とか自動販売機の裏に潜んでいる。

「えー、21歳には見えませんね。若く見えます」

今までは嬉しかった言葉なのに就職活動中は別。新卒らしくびしばしっと決めていきたいのに。多少ふけて見えた方がまだ良かった。どうにかして歳相応に見られるようにしないとならない。いや、そんなことより希望職種くらいは絞らないと。履歴書書いて・・・・。

もう寝るわ。

寝る。超めんどくさいから寝ます。寝させていただく。こういうときは寝れば忘れるから。就職活動?忘れたよ。

青年はそう言ったままぱたりと倒れて寝息を立てた。それから一日、一週間、一ヶ月と経ったが青年が起きることはなく、一年、三年、五年、十年と過ぎるうちに青年は皆の記憶から消えていった。そして数前年後。そこには大きな大きな樹があった。その大きな幹で皆を守り、皆を支え、皆に優しい。その名もなき樹は静かにそこにあるだけ。でも、僕はその樹に小さなことは気にするなと言われた気がしたんだ。

※寝癖のまま面接受けたら落ちました。




名づけるならばセルフ拷問。今回の更新は二度とやりたくないです。そして出来れば200回目を迎える前にこんなどうしようもないブログをやめたい。うんこのうんこによるうんこのためのブログでしょ?やってられないですよ。管理人も読者も死ねばいいのに(とかそんなことを最近書いてたらアクセスがぐぐっと減った)。いつ死ぬの?ねえ、いつ?(これでさらに減ります)

twittertumblr別館ブログとつまらない分手広くやっていきたいと思っております。近日中にコンテンツがまた新たに一つか二つ増える予定です。これからもどうかなにとぞよろしくお願いします(最終的に媚を売るのは昔から変わりません)。 

100

デスクライトから放たれる光が暗闇と白い壁を溶かして部屋を灰色に染めた。腕の中の美紗子が僕の鎖骨を指で優しくなぞる。丁寧に幾度も幾度も。そのリズムが不揃いだから僕の意識は目を向けている文庫本と鎖骨の中間で揺れ動いている。寝てしまえばいいのに。邪な感情が三度僕を支配したとき僕は小説を閉じた。暗い感情を息にしてベッドの柱にぶつけると埃が舞って、光のような軌跡を描いた。スピードを失い、限りなく0に近づいて宙に「在る」埃を一瞥して静かに目を瞑る。美紗子の刻むリズムが僕の意識を掻き乱す。深く深く中へと心を沈めようとするがすぐに引き上げられてしまう。どうにも眠れずに瞼の裏側を見つめる。美紗子が急にがりっと首元に爪を立てたのと同時に僕は目を開けた。

「あんなブログもうやめてよ」

「うっせーな、メス豚。もう帰れ。二度と面見せんな」



あ、どうも雄豚です。すみません、お見苦しいところをお見せしてしまいましたね。美紗子のやろうが本当にすみません。美紗子って誰?安田ですよ。最近、鼻の辺りが城田優に似ていると言われましてね、女性に。女性にですよ、皆さん。皆さん女性です。鼻の辺りが城田に似ているなら美紗子をブログに出してもいいよねとそんなスタンスですわ。まあ、ひとしきり喜んだ後嘘だけどねって言われましたけど。さすがに女性は殴れませんからね。今からタイに行ってちんこ取って穴あけてもらいます。同性になれば殴ってもいいんでしょ?僕らもそろそろ拳と拳で語り合うべきだなって思ってたんだよ。丁度よかった。ちなみにそのときの僕の心は「うわあ、似てねー!似てねーけど言われたもん勝ちだし!イエーイ」でしたが、案の定似てませんでした。似てねーよ、カスが。

もしも彼女に「ブログやめて」と懇願されたらどうするかの議題で今日はスタートしたいと思うのですがね、答えはノーですよ。ざけんな。なんでお前に束縛されなきゃならんのだとそういうことでしょ?勿論ブスだったらね。ブスだったら強気に出ますよ、そりゃ。ブスよりもブログの方が大事だもの。グッバイブス、ファーラウェイ。美紗子だったら?いやー、美紗子でもノーだね。生憎僕の好みじゃない。五千回ほどピストンしてポイですよ。興味ないもん、全然。美紗子よりもブログの方が好き。今この瞬間俺は城田優に勝った。

ネットの形振りにとやかく言われたくないんですよ。ブログで他の女の子と浮気するわけじゃあるまいしね。僕の中のピンクいところをしたためて何が悪いんだってそう言う話でしょ?杏さゆりに懇願されたらパソコンごと閉鎖するけれどもだね。

だから僕も人のネットの形振りからブログ管理をとやかく言うつもりはないんですよ。でもね、一人だけ許せない奴がいましてね。「読者様~」なんて媚を売っておきながら裏では読み手を愚図呼ばわりですからね。あんな愚図ブログ読む奴は愚図ってのは否めないですけどね、お前が一番愚図やで。もうこいつの愚図ぶりを表す言葉がありません。言語未対応の愚図。もう本当に早く死ぬべきです。

それにしても悲しいかな。僕は何かを説くにはあまりにも非力すぎるんですよね。悪を前に僕は何も出来ない。どんなに健全なインターネットを追い求めても手に入らない。力が欲しい。力があれば、僕だって・・・・・。ちくしょう!!!


人気ブログランキングへ


いやいや、まだ終わりじゃないですよ。終わりじゃないけど、分かるでしょ?力ってさ、こういうことだから。クリックしてよ。ね?減るもんじゃないじゃん。

お願いします(土下座)!!!


ちなみにアクセス増えたらオフ会を開いて読み手を一列に並べて順番にビンタしたいです。こんなクズブログ読んでいる奴は全員クズやで。




と言うわけでセイアイギャラクシー100個目の記事いかがだったでしょうか。長い道のりでしたが、ついにこの日を迎えることが出来た。ここまでこれたのも皆さんのおかげです。ありがとうございました(クリックしてくれて)。本当は100回目じゃなくて99回目なんですが、いいでしょ、たまにはこういうのも。

人生論

激しい「喜び」はいらない。そのかわり深い「絶望」も無い「植物の心」のような人生を。そんな「平穏な生活」こそわたしの目標。



ジョジョの吉良吉影と言うキャラクターをご存知でしょうか。知らない方には申し訳在りませんが、続きはウェブでならぬ続きは漫画でとしておきます。または人類の叡智wikipediaをご参照下さい。

さて彼の言葉であるところの上記の引用なんですが、要は彼は平穏こそが至高である論者なんです。悲しみと喜び。この二つに一喜一憂するのが人生と言っても云々なところがありますが、その中間を平行にずっと進んでいくことこそが目指すところであると。少し余談かもしれませんが、吉良吉影の数奇なところは平穏を得るために努力することなのです。二律背反なんてワードが頭をよぎりますが、平穏を獲得するためなら何も省みない。例えば近親者の死。これが辛いのであれば近親者を愛さなければいい。平穏至高論者のタカ派とでも言えばいいのでしょうか。

諸意見あるかと思いますが、僕はこの論に賛成です。勿論僕はハトもハト。大きな悲しみを避けることが出来るなら大きな喜びはいらないとそこのところは同じです。近親者の死を避けることが出来るならば当たらない宝くじを死ぬまで買おうとそんなスタンス。ただ財布を落とす程度の不幸だとかは別にあってもいいスパイスだよねとそんなとこ。偶然出会った同級生とゆきずりのおまんこかますとかね。そういうことです。

それで本題なのですが、今日はガツンと言わせてもらいたいことがありましてね。誰かと衝突するというのは僕の目標であるところの平穏の理念に相反するかもしれませんが、致し方がない。平穏なんて今だけは春の風の前の塵の如し。人生論よりも大事な何かがここにある。

「まんこグロ過ぎ」

今日夢を見たんですよ。アイハブアドリーム。アイアムドリーム。大層綺麗な女性がナース服を着ていてムラムラしたとかそんな話なんですけどね。一筋縄じゃいかんのです。まんこ前途多難。ナース服を脱いでパンティー一枚になった女子を見ながら「あら、これはいいパンティー」とか思っていたんですけど、いきなりパンティーから得体の知れない化け物が出てきましてね。瞬間、僕の体がバキッと悲鳴を上げて・・・結果として胴体を持っていかれたんですよ。胸から腹にかけて虚空が広がっていた。僕も驚いてさ。「ふべふっ!」なんて叫びながら起きたんですけど、顔に涙が伝ってたからね。マジで怖かった。なんてモン飼ってんだよ。

もしもおまんこがもっとやさしい感じ?鼻セレブみたいな感じだったらこんな夢見なかったと思うの。夢の中だけど、ひっさしぶりのおまんこを楽しめたんだ。本当におまんこは悔い改めた方がいい。僕は久しぶりに怒ってる。大体母性の欠片もないでしょ?まんこに。これだから胸に母性のポジを取って代わられてしまうんですよ。ちんこはバリバリとその頂点におるからね。英語で言うとチンコイズマン。マンと言ってもおまんこのことじゃないですからね?


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。

今回の更新はさすがにやばい。おまんこって何回言っているんだよ、どれ数えてみるか。いや、いいか。自己嫌悪せざるを得ないよねー^^もうこんな自分いやだ。綺麗な自分、新しい自分に生まれ変わりたい。そうシャウトして母親の子宮に飛び込んだら首がひっかかって窒息死。いやー、良かった。これが平穏かー的な。 

ちんちんが不景気

コメント返しが甚く苦手なため一時期コメント欄を閉じて運営していたのですが、気まぐれに開放して早くも4ヶ月。コメント0がざらにありますが、それでもコメントがついたときの嬉しさは珠玉の誉れ。いつも楽しく拝見させていただいております。コメント返しもうまく出来るように精進しようと思いますのでなにとぞ。

しかし、最近コメント欄を閉じようかなと思う案件がございまして。何もアンチが湧いているというわけではなくてですね。自称アンチが沸きやすいブログなのですが、幸か不幸かアンチが湧かない。いや、アンチが沸くと言う言い方は不当ですね。辛辣な言葉で僕、またはブログ批評してくださる尊い御方が現れない、まあ、クソめんどくさいのでアンチが沸くと言わせていただきますけれど、一度も沸いたことがないのです。ルートとしては僕のブログが素晴らしいルートとカスすぎてコメントをつけるのも・・・・ルートがありますが、深く言及するのはあまりにも無粋と言うことでこの件はもう終わろ?

コチョコチョコチョ☆

キララちゃんとこちょばし合いしてたら、いつの間にかク ン ニしちゃってました(^^;
てか、どスケベ行為を先にしたのはキララちゃんだよw
笑いながら手コキしてきて、その後すぐにハァハァしながらパックン咥えてきたしw
さい8君に教えてもらったサイトは凄い娘が多いッスね( ・∀・)つ感謝☆

http://・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



いつの間にかにクンニしてた?ふざけんな!どこにそんな桃源郷、ユートピア、シャングリラ、パラダイスがあるって言うんだ。今日、登校途中のことなんですが、いつの間にかクンニしちゃってました(^^;とか言ってみたい。超言いたい。クンニしたい!クンニ!・・・・・あっ!またやってしまったようですね。ピンクの人格が皆様に不快な文章を・・・・。すみませんでした。月夜の夜はこうやってピンクの人格が出てきてしまうのです。お礼にクンニさせてください。減るもんじゃないやんなあ?

コメント欄閉じ云々は上記のスパムコメントによるものなのです。なんで僕のブログで低俗なサイトの宣伝をしなくちゃならんのだ。っざけんな(低俗なサイト管理人者代表の声)!スパムを許しちゃならない。そう思うのです。あの類のサイトがあるから僕らが目指す健全なインターネットに手が届かない。エロサイトを見て回っている途中でウィルスに感染したりするのです。エロサイトは健全なサイトです!エロは健全!!!自分たちがどうやって生まれてきたか言ってご覧よ?

それにしてもいつの間にかクンニってひどくないですか?だってうちのブログで出てきそうでしょ?「いつの間にかにクンニしてたんです、刑事さん!って言ったんですけどね。執行猶予もらえたのが唯一の救いでしたよ。もう強姦なんて二度としません。」みたいな。みたいなじゃねえよ、カスが。兎にも角にもクリックする気になれないでしょ?いつの間にかクンニとか現実味がない。「セックスしたい」と言う僕らの気持ちは見境が無いわけではないのですよ。余程ぐぐっと来なければクリックしないんです。例えば僕なら「巨乳娘をサイズ別に集めました。そのカテゴライズは壮観です!」とか言われれば「どれ少し覗いていこうかな?」の心でクリックするってなもんです。ダブルクリックどころかワンハンドレットクリックするわ。

ち ん ち んは不景気知らず

世間は不況で騒がしいけど、はっきり言って俺には無縁だねw
ち ん こ触らせてあげて顔にぶっかけてあげるだけで5万貰えるしw
いやー世の中チョロイっすわwwwwwww

http://・・・・・・・・・・・・・・・・



こんなんは最悪ですよ。この世の害悪の最たるものですよ。ちんちんは不景気知らずは少しうまいな。このブログで使ってみようかなと思いましたけど、エロいことして5万円貰えるって僕らはそんなにロマンチストじゃないから。砂漠の向こうに金の延べ棒があってもあれは蜃気楼だなって分かるのです。なぜならちんちんが不景気だからうまい話なんてあるわけないって分かってる。

では、どういうのだったらいいのかとそうなる。

参考になるかは分かりませんけど、うちのブログはブログランキングの紹介文は『ち0こ系ブログ』ですからね。それでもそれなりにアクセスは流れてくる。実にシンプルでしょ?一応の伏字。以前は『下ネタ+悪意=ブログ』と紹介していたのですが、これは全然駄目。意味が分からない。シンプルなのがいいのです。

『まんこ系サイト』

これとかどうかな?これでサウザンドクリックは固い。いいよ、使っても。ぜひ使って欲しい。だから代わりにと言うと何だけれど、どうなの、実際。いつの間にかクンニ出来るの?

没する者

続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?

モザイク

モザイクの有無に関してはどちらが至高かとそんな議題僕達は何度も夜を明かしたけれど、時間を浪費するばかりでしっかりと答えは出なかったね。だらだらと自分勝手な自論を展開したり、論破したりしながらお酒を飲んだっけ。平行線を中心に半径1メートルくらいのところを行ったりきたりの議論に嫌気がさしてしまうこともあった。日本のGDPとは全く関係のないところで僕ら青春をどうしようもないレベルまで消費してしまったけれど、不思議と僕は後悔してはいないんだ。

二年前の初秋の日のことを覚えているかなあ。僕らが答えを出したと錯覚した日のことだ。議論が始まってから4時間ほど経って僕らの集中力も底をつきようかというときに佐藤がこう言ったんだ。折衷説を探さないかって。あいつは法学部だったからおそらくその日に覚えた言葉を使いたかったんだろう。その当時の僕らは驚いたけれど、今にして思えばアホ抜かせって話だ。0か100の話なのに。余談だけれど、高橋と及川はおそらく未だに折衷説の意味を知らないんじゃないかなあ。「うんうん」なんて頷いていたけど、あいつらセンター試験で30点しか取れていなかったもんな。

そうそう。それからは佐藤が出した折衷説と言う新たな議題で話し合ったんだけれど、これも見つからなかったんだ。それでもういやだと「そもそもモザイク有りと認識するレベルはどこからだ」なんて僕が大声で騒いだのが切っ掛けだったね。あまりに騒ぎすぎて家主の石橋が顔を真っ赤にして怒ってたね。

1ミリ四方のところにモザイクをかけてもモザイクを認識するのは困難だけれど、モザイクは掛かっている。これをモ有りと見なすかモ無しとみなすか。

僕のぼやきを新島がぱぱっとまとめてそれで議論したんだ。視覚説はモザイクを視覚で捉えることによって始めてモ有りと唱える説だった。これが多数説だったね。存在説はモザイクの範囲、濃度等に限らずモザイクがそこにあるのならモ有りと唱えた説でこれは少数派だった。そもそも僕らの意見は感覚説でかたまっていたのに石橋が「いやいやこんなのもあるんだぜ」なんて提示してきたのが存在説だった。ご大層に名前をつけたのも石橋。あいつはいつも法学部って言うのを鼻にかけていたね。

これでやっと答えが出ると思って僕らは打ち震えたね。もう男数名で不毛な話をしなくて済むのだと。あとはモザイクを薄めていきいい具合に薄めたところに僕らのシャングリラがあるなんて考えたんだ。その点を見出すのは僕らには難しいからここで宴も終わりだとそう言ってみんな眠ったんだ。

朝起きて早々に己の愚かさを憎んだ。モザイクを薄めてもやっぱりモザイクはある。感覚なんてどうでもいい。あるかないかで言ったらあるんだ。そしてモザイクを薄めてしまってはモザイク本来の意味は損なわれてしまうから実のところ僕らの議論は全く進んでいなかったんだ。それから十数回議論して僕らは卒業とともにばらばらになってしまった。全員集まれないなら集まらないなんてスタンスをとっていたら一度も会わないままもう7年経った。今日やっと全員集まれると思ったら山下がアメリカザリガニに襲われて胴体切断の憂れ気目にあったせいで欠員が出たけれど、それでも僕は嬉しく思うんだ。またこうして皆と会えた。さあ、また乾杯をしよう。

今日は実のところまたあの話をしたいんだ。モザイクは悪か善か。皆とまたこうして会えた。これを避けては通れないだろう。それに、先日こんなことがあったんだ。

家に地上デジタル放送対応の液晶テレビが来た。初めて腰を落ち着かせてみる地デジは文明開化の再来を思わせるような繊細で猛々しい映像を僕に届けてくれた。夢中なり過ぎて二ヶ月不眠不休でテレビにかじりついたよ。でも今はその液晶のテレビはどこかへ売ってしまって僕の家にはブラウン管のテレビしかない。好きな女性芸能人の肌が思いの他汚くて何か踏み入れてはいけないところに地デジがあるような気がしたから。科学の進歩は人を滅ぼすなんて言うけれど、あながち迷信でもなさそうだよ。

ディベートの最初から横道にそれてしまって申し訳無いと思っている。的外れであったかもしれない。でも、その女性芸能人っていうのが永作博美のことと聴けば君達の意見も変わるだろう。

ああ、友よ。ここに示そう。僕らの気持ちを。願いを。そしてこれからの世界の在り方を。


イエスモザイク、ノー地デジ。

これが世界の選択だ。

«  | HOME |  »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。