カウンター
[PR] ポイント ギャラクシー モザイク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

モザイク

モザイクの有無に関してはどちらが至高かとそんな議題僕達は何度も夜を明かしたけれど、時間を浪費するばかりでしっかりと答えは出なかったね。だらだらと自分勝手な自論を展開したり、論破したりしながらお酒を飲んだっけ。平行線を中心に半径1メートルくらいのところを行ったりきたりの議論に嫌気がさしてしまうこともあった。日本のGDPとは全く関係のないところで僕ら青春をどうしようもないレベルまで消費してしまったけれど、不思議と僕は後悔してはいないんだ。

二年前の初秋の日のことを覚えているかなあ。僕らが答えを出したと錯覚した日のことだ。議論が始まってから4時間ほど経って僕らの集中力も底をつきようかというときに佐藤がこう言ったんだ。折衷説を探さないかって。あいつは法学部だったからおそらくその日に覚えた言葉を使いたかったんだろう。その当時の僕らは驚いたけれど、今にして思えばアホ抜かせって話だ。0か100の話なのに。余談だけれど、高橋と及川はおそらく未だに折衷説の意味を知らないんじゃないかなあ。「うんうん」なんて頷いていたけど、あいつらセンター試験で30点しか取れていなかったもんな。

そうそう。それからは佐藤が出した折衷説と言う新たな議題で話し合ったんだけれど、これも見つからなかったんだ。それでもういやだと「そもそもモザイク有りと認識するレベルはどこからだ」なんて僕が大声で騒いだのが切っ掛けだったね。あまりに騒ぎすぎて家主の石橋が顔を真っ赤にして怒ってたね。

1ミリ四方のところにモザイクをかけてもモザイクを認識するのは困難だけれど、モザイクは掛かっている。これをモ有りと見なすかモ無しとみなすか。

僕のぼやきを新島がぱぱっとまとめてそれで議論したんだ。視覚説はモザイクを視覚で捉えることによって始めてモ有りと唱える説だった。これが多数説だったね。存在説はモザイクの範囲、濃度等に限らずモザイクがそこにあるのならモ有りと唱えた説でこれは少数派だった。そもそも僕らの意見は感覚説でかたまっていたのに石橋が「いやいやこんなのもあるんだぜ」なんて提示してきたのが存在説だった。ご大層に名前をつけたのも石橋。あいつはいつも法学部って言うのを鼻にかけていたね。

これでやっと答えが出ると思って僕らは打ち震えたね。もう男数名で不毛な話をしなくて済むのだと。あとはモザイクを薄めていきいい具合に薄めたところに僕らのシャングリラがあるなんて考えたんだ。その点を見出すのは僕らには難しいからここで宴も終わりだとそう言ってみんな眠ったんだ。

朝起きて早々に己の愚かさを憎んだ。モザイクを薄めてもやっぱりモザイクはある。感覚なんてどうでもいい。あるかないかで言ったらあるんだ。そしてモザイクを薄めてしまってはモザイク本来の意味は損なわれてしまうから実のところ僕らの議論は全く進んでいなかったんだ。それから十数回議論して僕らは卒業とともにばらばらになってしまった。全員集まれないなら集まらないなんてスタンスをとっていたら一度も会わないままもう7年経った。今日やっと全員集まれると思ったら山下がアメリカザリガニに襲われて胴体切断の憂れ気目にあったせいで欠員が出たけれど、それでも僕は嬉しく思うんだ。またこうして皆と会えた。さあ、また乾杯をしよう。

今日は実のところまたあの話をしたいんだ。モザイクは悪か善か。皆とまたこうして会えた。これを避けては通れないだろう。それに、先日こんなことがあったんだ。

家に地上デジタル放送対応の液晶テレビが来た。初めて腰を落ち着かせてみる地デジは文明開化の再来を思わせるような繊細で猛々しい映像を僕に届けてくれた。夢中なり過ぎて二ヶ月不眠不休でテレビにかじりついたよ。でも今はその液晶のテレビはどこかへ売ってしまって僕の家にはブラウン管のテレビしかない。好きな女性芸能人の肌が思いの他汚くて何か踏み入れてはいけないところに地デジがあるような気がしたから。科学の進歩は人を滅ぼすなんて言うけれど、あながち迷信でもなさそうだよ。

ディベートの最初から横道にそれてしまって申し訳無いと思っている。的外れであったかもしれない。でも、その女性芸能人っていうのが永作博美のことと聴けば君達の意見も変わるだろう。

ああ、友よ。ここに示そう。僕らの気持ちを。願いを。そしてこれからの世界の在り方を。


イエスモザイク、ノー地デジ。

これが世界の選択だ。
スポンサーサイト

Comment

投稿

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://galaxy000.blog123.fc2.com/tb.php/97-6e42708c

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。