カウンター
[PR] ポイント ギャラクシー マチのほっとステーション

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マチのほっとステーション

コンビニ店員「お弁当温めますか」
仁成「僕の心を暖めてください」
コンビニ店員「」←うまい返し方した奴がオーナー。


最近、2ちゃんねるで定番スレになりつつある「○○した奴が××」スレ。女「何歳に見えます」←うまい返し方を考えた奴が優勝。と言うスレッドが全ての始まりであったと思います。僕も少し曖昧なので詳しくはセルフサービスでお願いします。

さて、本日は上記の題材でオーナーになるべく僕が数個書いていきたいと思うのですが、俺の乗り気じゃないことね、これ。2chでやれもんですぜ。では、何故踏み切るかと言うと、とある中年男性からのメールが今回の更新の理由なので全文をコピペします。ご覧下さい。この世の悪夢の全てがここにある。


2009 1/4(日) 11:13
[ 名前 ]
コンビニ貴族

[ メアド ]
xxxxxxxxxxxx@xxxxx

[ 本文(必須)(必須) ]

新年恒例相互リンク様対抗「コンキゾお祝い記事アップ」祭りが開催されますんで明日wの18時くらいまでにコンビニに関する記事をアップしてくれると嬉しいな!え?急?うん、急に思いついたから。


要はとある中年男性が自分の誕生日を祝う企画です。更に言えば自らがそれを企画。狂っておるね。

これはあまりにも可哀想なので僕も「コンキゾお祝い記事アップ」祭りに参加させて頂きます。準備時間は27時間ほど。そのうちこの記事に割けるのは一時間程度。かつコンビニネタが手元にない状態。ていうかそんなのコンビニと縁もゆかりもない僕がもっているわけありません。イェーイ!

貴族さんは今すぐに正座しろ。そこになおれ。土下座しろ。

さて、そろそろ中身に入りたいと思うのですが最後に少し。うまい返し方した奴がオーナーとありますが、趣旨とは違って終始ほぼ一般的な受け答えのエトセトラに徹しております。言い訳がましいですが、時間不足。勘弁してください。時間さえあればなあ(この先時間がとれても書き直す気は全くございません)!

でもご安心下を。きっとコメント欄に貴族さんがうまい返し方を乗せておいてくれるはずです。だって貴族さんはオーナー。7回前のうまい返し方した奴スレでうまいレスをつけてオーナーの座を手にしたと言うのは皆さんの知るところですね。よろしければ皆さんもコメント欄にぜひ。オーナーの座は誰に!?






コンビニ店員「お弁当温めますか」
仁成「僕の心を暖めてください」
コンビニ店員「」←うまい返し方した奴がオーナー。

【多数派A】「え・・・あえ・・・・」
大抵の人は心内に留めるべきこの願いを懇願された時、一種の混乱状態に陥る。「ユメジャナイカシラ」「イエニカエリタイデス」「コノヒトナニイッテル」「コワイ」「キモイ」頭をフルに働かせて僕に対する恐怖・罵倒の言葉を生産しているその副産物としての「え」と「あ」と中黒で構成されるボヤキ。僕の望む答えではないが、いたしかたない。彼女は運が悪かっただけなのだから。そんなハードラックとダンスっちまった彼女の心を僕が暖めたい。

【多数派B】「はい、かしこまりました」
脳の処理が聴いた言葉をうまく処理出来ていない場合である。聞き間違い。思い違いと言う奴だ。直後、すばやい動きで弁当をレンジにぶち込むパターンである。普段レジ打ちとフェースアップに時間を費やして賃金を得ている彼女達は「僕の心を・・・」なんて求愛を受ける機会などない。コンビニの業務は多岐に渡るが、さすがにこれは想定外。そんな仕事熱心な彼女達の心を暖められたら・・・。それが僕の願いだ。

【多数派C】「では、レンジの中へどうぞ」
英語で言うとプリーズカムヒアである。ここで言うヒアは電子レンジに当たるのだが、招いてもらいたいのはそこではない。堅物、マニュアル人間がこの例に当たることが多い。お客様のご要望に答えるために・・・。これが第一理念である。心を取り出せてレンジに突っ込めたら僕が過去五度に渡って電子レンジの中で死ぬことはなかったのだが、心を体からとり出せれるならそんな真面目な女性店員に捧げたいと思う。僕の心で彼女の心も暖めてあげたい。

【少数派A】「はい、かしこまりました」
多数派Bと全く同じ受け答えであるが、その内実は違う。この不躾であまりにも切実な願いを叶えるパターンである。上記の通り勿論少数派。この成就の理由は・・・・勿論金である。仁成「僕の心を暖めてください」(諭吉を差し出しながら)と書けば皆さんの納得いくところだろう。お金に目が眩み、愛を忘れてしまった彼女の心を僕が暖めてあげたい。そして今こそ僕の心を暖めて欲しい。

【少数派B】「オーナー!!」
目の前の男に恐怖してオーナー、若しくは店長を呼んでしまうパターンである。AV狂いの一種である仁成を痴漢の一種とみなしてしまったパターン。失敬である。しかし、怯える女性を放っておけるだろうか。いや、そんな訳はない。僕に怯える彼女をそっと抱きしめて心まで暖めてあげたい。

【少数派C】「あ?」
お客様は神様ですとは三波春夫の言葉であるが、店員だって人の子。お客に切れることだってある。「こいつ不細工な面で何言ってるの?」「きめえwwww」「・・・・・うぜえ(ボソリ)」と言った具合に「・・・・あ?」と言う一小節の中に全てが詰まっている。僕の中ではベストアンサーである。そんなわけで少数派Cがオーナーに決定。コンビニ一年分が贈呈されます。副賞はそんな少し不器用な彼女の心を僕が暖めてあげたいと思う、です。おめでとうございます。

【少数派D】「・・・・」
もうベストアンサーが出てしまったが、最後に一つだけ。無回答ではない。沈黙も回答の一つなのだ。仁成の欄に「変態」の判子をすばやく押して以降何も無かったかのようにレジの業務に勤しむ。弁当をレンジに入れて会計を済ませてレンジが鳴ると同時に弁当を取り出して袋にイン。一瞬の沈黙で自己の身を守る。そんなアマゾネスである。そんな世知辛い世の中で強く生きる彼女達の心を暖めてあげたい。そしてこんな企画をワールドワイドウェブで開くコンビニ貴族さんの心もまた。


誕生日おめでとうございます←Hot!!!
スポンサーサイト

Comment

もとの君
ありそうでないパターンなんだよなあ。でもこういうのが一番良い。

貴族さん
長文だからっていいもんじゃない。このブログから学んでください。あとは中国に行った友人なんておりません。

すずさん
イケメンの話は絶対にするな。

キャーポン
なれる!

はっさん氏
間違いなくちんこ(僕)が喜ぶ答え第一位。

ヒロアキさん
クォリティ高すぎです。その才能をこんなブログでじゃなくぜひ日本のために。

コンビニ店員「お弁当温めますか」
仁成「僕の心を暖めてください」
コンビニ店員「“心”ですね?お安い御用で!っていうか、暖めるのが“体”でなくて、“ホッと”したわ!」
仁成「うまいな!」
コンビニ店員「それでは、少々お“マチ”ください!」

(i)<では、私の中へどうぞ

仁成にガソリンをかけたらオーナーになれますか

困ったように笑ってごまかしましたよ。(実体験)
『何言ってんのコイツ。さみぃ』なんて思ってましたよ^^
イケメンがやれば許されるかもしれないよ^^^^^^

コンビニ店員「お弁当温めますか」
仁成「僕の心を暖めてください」
コンビニ店員「だよね・・そりゃコンビニでもいいから心を暖めてほしくなるってもんだよね、せっかくゲットした最愛の彼女に突然の別れを告げられ傷心、その心癒す暇もなく訪れる友人の中国行き・・はけっこうどうでもいいけど、なんか就職とかうまく行ってるのムカツクころげ落ちろ、俺の人生は路頭に迷いいっそのこと派遣村とかに住もうかそうしようか・・っていうか派遣村村長ってなんだよテラワロスwとかもう全てがちゃんちゃらおかしいよ、笑ってくれよこの駄目な俺を!もう全てが終わりさ!でも死なない死ねない!杏さゆりのおっぱい揉むまでは!って顔に書いてあるもんね、暖めてほしいんだね・・?だが断る。」

テーマ決めた記事書くのって一筋縄じゃない

コンビニ店員「成年誌コーナーはあちら、トイレはこちらになります(ニコッ)」

投稿

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://galaxy000.blog123.fc2.com/tb.php/91-2e288f0d

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。