カウンター
[PR] ポイント ギャラクシー 正しい僕の姿

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

正しい僕の姿

地元の仲間で集まって年を迎える。携帯のテレビを片手にカウントダウンをして元日の0時丁度にジャンプ。「新年を越した瞬間うちら地球にいなかったねー」なんて。一通りきゃっきゃしたら初詣に行って朝に帰る。

宇宙で窒息して死ね!!

地球と宇宙の境目は上空80キロから120キロメートルのラインにあると言われ、一言で言えば大気圏。お前ら大気圏に突入もしないでなめんな。生身で熱圏(とても熱い)に飛び込めもんですが、なんでだろう。僕もやったことはある。一人で。

年越しのいろはは人それぞれで仲間とわいわい。カップルで。家族で。布団の中で夢を見ながらと十人十色。僕の場合はいつも独りでテレビ。だからこんな偏屈な記事を書くのです。

カップルがどちらかの家で、勿論独り暮らしですよ?アパートの一室でガキ使を見るんですよ。最初は面白いねーみたいなそんな会話の回し方なんですけど、そのうちいい雰囲気になって・・・・・・・まあ、おっぱじまりますよね(笑)一戦終わってみればもう新年でシングルベッドで「いつの間にかに・・・」なんて言ってまた笑ってくんづほぐれつ「あけましておめでとう」。「今年もよろしくね」の後は確実にキス。猿どもが!死ね!死ね!妊娠して子供生んで死ね!その子供は俺が育てる!!立派に育てるぞー!!!!

これは僕が大晦日にバイトで吐き出した魂の咆哮。こういうパターンもあるんだね程度に。余談ですが、このロックの後の聴衆の冷たい視線はいつぞや地下鉄でPSPを出して遊んでいたときの視線よりもさらに冷たく絶対零度に近いものがありました。一つ注意しておきたいのですが、上記のそれは僕の理想の新年の迎え方では決して、ない。

セックスしたいよねー。

そんな性欲過多な僕ですが、今日はいつもの年越しスタイルとは違って布団と抱き合って過ごしました。起きたときには布団がベットから落ちているトリック付き。誰が二人の仲を切り裂いたの?

そんな情けない年越しを反省してせめて正月はしゃんと過ごそうとwikipediaでしばし勉強。上記の大気圏云々の知識もそれが起因するものなのです。僕がナチュラルにあんなもん知っているわけがない。

宇宙から地球、そしてその地質時代の項目から原始生物、恐竜、類人猿、ヒトと言った具合にビッグバンから今日までの生い立ち眺めた。その感想は「地球半端ないなあ」と言うあまりにも貧相なものだけれども、でも外見はかなりインテリジェンスだから問題ない。本当はヒトからまた発展させて学問、社会、政治、歴史の欄までおおまかに見ていこうと考えていたのですが、ヒトのページを見ていたら外部形態の項に女性のおっぱいの画像が載っていたのですぐにスボンを脱いでちんこをなぜた。まだ見ておきたいページは残っているけど、無理はいけない。僕にそんなのは似合わない。おっぱいをただ見つめる。これが僕の正しい姿だから。

今年の目標は「身の丈にあわせて」で行こうとと思っています。
スポンサーサイト

Comment

投稿

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://galaxy000.blog123.fc2.com/tb.php/90-9966c64a

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。