カウンター
[PR] ポイント ギャラクシー 詰め合わせ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

詰め合わせ

先日、mixiをやめたのですが、その時に出来のいい記事だけをコピペしてメモ帳に残していたのです。僕の言いたいこと分かりますよね。それをコピペして終わりたいと思います。早い話が手抜きです、手抜き。めんどくせえんだもん。つーわけで追記からどうぞ。ちなみにあともう一回、今回の形式と同じ形で更新します、いえーい、楽勝。

追記からどうぞ。 【久しぶりの女】

学校で僕に話しかける女の子はいない。ゼミ生とはせいぜい会釈する程度だし、女友達はいずれも別の大学、専門エトセトラ。エトセトラとか言ったけど、オフの女友達は一人しかいない。友達に戻ろうと言って別れた元彼女とは一切連絡をとってない。

「久しぶり!」

学校から地下鉄までの短い道のり。「暑い」と呟き、ポロシャツをパタパタやっていると前方から女子の声がした。この場合、僕がいる方向に向けた声であって僕に対する声ではない。おそらく後ろに人がいてその人に対するものなんて回りくどく考えたわけじゃない。

「世界滅びろ」

これが僕の思考の全て。女友達がいない大学生活なんてくそくらえだ。大学生活はもういい。かと言って働きたくはない。世界滅びろ。消えてなくなれ。今日も僕はニヒだ。

しかし、奇跡が起きた。

僕の前に女子が立ちはだかったのだ。何が起きたのか分からなかった。思考が止まり、そして急発進。逆ナン?逆ナンじゃん!ついに僕にもモテ期が来た。

「はい、これ」

すっと差し出される名刺。瞳か。確かに瞳が綺麗。百万ドルだ。ベッドの上で潤んだ瞳の瞳を今すぐ見たい。

「べっ!別のところも潤んでるやないか!」

英会話スクールの勧誘でした。

「ああ、瞳か。久しぶり!」

面識のない二人のこの会話はかなり奇妙だけれど、手慣れているのだろう。困惑の表情を浮かべるどころか瞳は笑顔だ。瞳が口を開きかけたその刹那。僕がまくしたてる。

「彼氏ゴムつけるようになった?」

一瞬のうちに顔を曇らせすぐさま立ち去る瞳。ただ、彼女と同じくフランクに接しただけなのに。あんなに親しかったのに僕らは他人になった。ここで正直、周りのサラリーマン、学生からの目が痛かった。

「今日も暑いね。Tバッグ派って前言ってたけど、線のとこ蒸れない?ていうか今どうなってんの?」

「お椀カポカポやっておっぱい大きくするあれ。まだやってんの?」

「クラミジア治った?」

「アナルのシワがつるつるになる病気にかかったのも瞳だっけ?」

瞬時にいろいろ思いついたのに大変残念です。

名刺は捨てた。


と言うのは全面的にフィクションで勧誘のお姉さんはいたけど、声かけられる絶妙のタイミングで通り過ぎたのに声かけられなかったからこんな文章書いて持て余してる自分が嫌いなんだ。




【墓参りに行ってきた】
・祖母宅にて
「また大きくなって」とばあちゃん。「このままいったら天井突き抜けちゃうんじゃないか?」と賛同するおじとおば。毎年の恒例行事である。が、数年前から身長は伸びていない。成長期はとうに過ぎた。「えへへ、2センチくらい伸びたよ」と答えた僕は孫の鏡だと思う。

ばあちゃんに「仁成ちゃんは結婚まだかな?」と聴かれる。「いやー、彼女いないからー。」と答えると「仁成ちゃんならすぐに出来るよ。可愛くて優しい彼女が」と親戚一同に五分くらい慰められてああああああああ死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい死にたい。「仁成ちゃんと弟ちゃんが結婚するまでばあちゃん死ねないねえ」とか言われた。どうやらうちの祖母は不老不死を目指すらしい。

ばあちゃんが大好きな「仁成ちゃんがちいちゃな頃、ばあちゃんお風呂に入れてあげたんだけど、仁成ちゃんばあちゃんのおっぱい見て狐みたいって言ったんだよ」の話が始まる。これを聴いたのは何度目だろう。覚えてないけれど、年の数以上は聴いた。横で赤面するな、弟。うぶ過ぎだろ。ネギまのエロ同人見てたくせに。履歴けしとけ。

従兄弟と二人抜け出して外で煙草を吸う。「さっきひどかったね」とか言われる。割と自然に「黙れ、忘れろ」と口から出る。そこにばあちゃんが来てタバコを咥えてうんこすわりしている僕とご対面。祖母、「仁成ちゃんが煙草吸うなんて」と泣く。焦って煙草を股間に落とす僕。携帯灰皿に煙草をインして居間に戻ると泣く祖母と修羅のような顔をした母と苦笑いのアンドモア。従兄弟ばっくれ。あいつ・・・・。「仁成ちゃんはまだ24だから」とおじが窘めてくれてなんとか収まる。21だ。帰路、母親にしこたま怒られた。

「本でも買ってね」とこずかいを貰う。祖母宅を後にして帰路、ハルヒの消失と暴走を購入。消失読了。朝倉も悪くないんじゃないかな。言葉は汲み取ったけれど、なんかごめん、ばあちゃん。

貰った線香を焚いた後に居間に行くと弟が騒いでいる。「心霊現象だ。だって線香のにおいが・・・」と青ざめている。ダルビッシュ似で上位の高校通って公立ながら部活でそれなりの成績収めてクラスの人気者なのに残念だな。本当に残念だよ。JK紹介してくれよ。

何か僕の中で夏気分を持て余すのでこれからコンビニに行って花火を買ってくる。一人花火。毎年の恒例行事だ。

「夏ももう終わるね」

「早かったね」

「ずっと一緒にいれたらいいなあ」

「いきなり何言ってんだよ」

「だって・・・・」

「おいで」

抱 き し め あ う 一 人 。

茶番も忘れない。やってられねえよ、実際。死ね。漠然と色んなもの死ね。

ご先祖様、あの世はどんなところでしょうか。巨乳ギャルと遊べてネットと少しのアニメがあるのなら僕も。

どうか僕も連れて行って欲しい。




【飲んだくれの更新】
飲み会だと言われて仙台の繁華街国分町まで行ったら合コンだった。失恋したけど、気を使うなってmixiで言っただろって思ったけれど、オフラインの友人は仁成と言う汚物を知らない。ちなみに知られた瞬間に仁成は死ぬことになる。当然ながら本名じゃねえし。本名はもっとプリティーでキュートでプリティーです。大事なところなんで二回言いましたが、二回聞き流せ。

ステレオタイプな合コンの運び(自己紹介から男性陣の優しい弄り合い、そして女性に対する不自然な会話の引き出し方)を傍観しつつマンコ怖い、元彼女かわいいとか考えてた。僕は痛くないぞ。

キャッキャッしている男女を見てそろそろわしも動かないと唯一の特技の三輪さんの物まねで「あなたのオーラはうんこ色」と女の子を指差したらサウンドオブサイレント。

その後、プレイボーイな(死ねばいい)友人(死ね)である幹事(地獄に)計らいで(落ちろ)ピッチャーで(僕が)一気する(落ちた)のを引き換えに(笑)

「仁成くん酔ってるんだね」

「限りなく素面だけど」

「こいつ酔うといつもこう言うから」

という儀式的なのを通して孤立は間のがれた。ていうか、あんなん一気すんの無理。半分残した。ダムやで。黒部ダムや。

まあ、くそどうでもいいんでしょうけど、半分残した時のことを話しますとね、半分くらい飲んで無理だ!って口離して残りはみんなでわけあったんだけど、無理だって口はなした瞬間に鼻水やら涎やらがピッチャーに入ったのに誰も気づかず、女の子も俺の鼻水入りのビールを飲んでたのが興奮した。それだけだ。

僕はあなたたちの名前を明日起きたら忘れているだろうけど、鼻水飲んでたことは一生忘れない。僕みたいな汚物の鼻水飲むような女のアドレスは消したよ。まじで汚い。軽蔑します。

徒歩でというか千鳥足で帰る道中に鼻血がでた。きれいな放物線を描いたので綺麗だなっておもった。これはピッチャーで一気したせいだ。無理はするもんじゃない。午前二時から眠くてしょうがなかった。しかし、鼻水飲むなんて。ぞくぞくする。全身が悦んでる。やべえ、鼻血でそう。

収穫は喪男の初キスを奪ったくらいだったよ。もう何人目か覚えてないけど、異性とキスした回数より多いのは確かだよ、死にたい。ちなみに男のキスの味は一律で同じ。まずい。唇だけなのにゲロ吐くかと思った。香りから違う。ヒゲいてえし。

いやー本当に世の中汚れている。帰ってきてから幾分たつのにまだ吐きそう。一気させるとかアルハラだろ。でもそうなると鼻水が・・・。

悪くはない。

「私のオーラはうんこ色」



【オナニーに捧げる】
市場とか経済とかそんなことは分からないけれど、どんなにマニアックなAVでも買う人がいるからある。受信者がいると見越して出している。どんなにブスな女優でもいきり立った中学生にはぬけてしまうし、ブス専の人々もいる。ブス専ではないけど、ブス、いや、容姿が人よりも獣とか化け物に近い方々がセックスしているのが興奮するって言うメタなブス専もいる。僕だ。

僕個人に限って言えば、そりゃあそれなりにNGなものがあるけれど、明日何があるか分からない。急にブス専になるかもしれないし、すんげーマニアックなフェチを開花するかもしれない。だからどんなエロ動画に直面しても出来る限りは見てみようと思っている。可能性を潰したくはない。

「悪いな、のび太。この夜の生活一人用なんだ」

輝かしい夜の生活のために。

そんなわけでエロ動画サイトを色々巡回していた。巡回するサイト数を減らさないとそろそろやばい。夏休みがエロ動画に埋もれてしまう。なんで僕がこんなことをしなきゃならんのだ。そもそも僕エロ動画嫌いだし、下ネタ大嫌いだし。でも輝かしい夜の生活のためにしかたなく。ぐすん。

めんどくさい挨拶は抜きだ。結果だけ言おう。


自分そっくりな女優の動画見つけた。

EDになるかと思ったよ。
スポンサーサイト

Comment

投稿

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://galaxy000.blog123.fc2.com/tb.php/54-92534bd0

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。