カウンター
[PR] ポイント ギャラクシー 失恋の色

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

失恋の色

失恋のハウトゥーなんて人十人十色だ。酒を飲んで騒いでみたり、暴飲暴食してみたり、新しく人を探したり。メジャーどころはこんなとこだろう。僕は特別なことはしない。理由はあるけれど、長いのでまた今度にしよう。

一ヶ月ほど前に彼女と別れた。

なかなか辛かったけれど、今日まで特別なこともせずに過ごしてきた。と言いたいところなのだが、失恋したのに淡々と暮らす僕から諦めや死の臭いを嗅ぎ取った友人数名にテスト前だと言うのに色々連れ廻された。世界の女性の数が30億として60億の乳房を揉むまで僕が死ぬわけがないのに。この指が砕け散ろうとも僕は・・・。

「女なんて星の数ほどだから」

「まあ、そうですね」

「ん?じゃあ、なんで俺に彼女出来ないんだよ」

僕に当たりちらす彼は22歳童貞。2chの言葉を借りれば喪男。ただアドレスの件数は僕よりはるかに多い。ちなみに僕の携帯に入っている女性の電話番号の件数。母親を足してゼミで交換した業務的なメールしか交わされないアドレスを加味しても二桁に届かない。どうなってんだ、この世界は。

「出会いがあるのに出来ないってことはまあ、なんだ、きっぱり諦めろ」

「お前を殺して俺も死ぬ」

ここまでは普段どおり。少し喫茶店で語らう回数が増えたのと話の内容がほんの少し恋愛、ガールズ寄りになっただけだ。

「ああ、この子、バイト先のAちゃん。お前に紹介しようと思って」

僕の日常を壊すのは電話を取ると「ファミレスに来て」「いいから」「出来るだけ早く来て」のこの三つを繰り返し、行ったみたら女の子がいて「ダレコノヒト」と思っていたら二人で恋の花咲かせませんかみたいな紹介をされるパターンだ。そっとしておいてくれ。

「おまwwこんな可愛い子wwwwwwwやべwwwよだれwwwwwww」

紹介された刹那、饒舌に語りだす男がいた。僕だ。ありがた迷惑だとしても友人の好意を潰すような真似を誰が出来ようか。少なくとも僕にはとてもとても。ここが友人を建てねばならぬ。目の前にいる女の子がそこそこ可愛くて雰囲気・胸もよしと僕の108の項目をクリアしたからではない。

「仁成君って休日なにしてるの?」

「ほとんどバイトかな。バイトない日はベースとか本読んだり。あとカメラ持ってどこか出かけたりするよ」


嘘である。


ベースなんてせいぜい二、三時間しか弾かないし、一日中シャッターチャンスを探してブラブラするわけでもない。大半の休日はネットに捧げられた。エロ動画、ニコ動、テキストサイト、mixi。さきほど会ったばかりの女子にこれをぶちまけれるかと言えばイエスだ。羞恥心なんて子宮に置き忘れた。しかしぶちまけた上で友人を建照れるかと言えば、ノー。不可能だ。だってこんなの人間のクズじゃないか。

「おまwwwニコ動はどうした?wwwwwこのニコ厨wwwwww」

なんでこんなことになったのだろう。彼女と別れたときそう思った。そして意味のないIFが頭を駆け巡った。俗に言う「あのときこうしていれば」だ。今回も同じように分岐点を探したが、見つからなかった。僕は分岐点に関与していない。砂の粒ほども僕は悪くない。全ては友人だ。

「ニコ動って何?」

「ニコニコ動画の略だよww知らないとかwww人生損しているよwwまじでwwwwwww」

電車男以降かなり寛容になったとは言え、完全に市民権を得たわけではないネット。ニコニコ動画のことを話す機会はイケメングループに籍を置く友人にしてみれば貴重なのだろう。誰かとこの喜びを共有したい。そんな気持ちが友人を狂喜に駆り立てた。誰も悪くない。でも、死ね。この後、エアーマンが倒せない、初音みく、アイマス等ニコニコ動画を好んで視聴している方々にはおなじみのワードが友人の口から飛び出し続けて相槌を打つA。そして僕は蚊帳の外だった。

「助けて」

目は口ほどに物を言う。そんな諺がある。初対面の女子だ。意思疎通なんてほとんど出来ていない。ただAは確かに目でそう言った。

「まあまあ、ニコ動画の話はまた今度にしてさ。バイトはどう?楽しい?今俺もバイト探しててさ」

思い立ったが吉日。タイミングを見計らいすぐさま友人の話を折り、話題を提供。往年のトルネコのガーゴイルを思い出す1ターン二回行動。僕の活躍によって一人の少女が救われた。あとはお礼におまんこのほうを・・・・。

「普通。んでさ、フタエノキワミ、アッーwwwwwwwwwwwwwww」


神は死んだ。


「ごめん、無理だった」

「しかたないよ」

「諦めよう」

「だね」

こんな会話が二人の目と目でなされたなんて知らずに友人は喋り続けた。そして夜がふけ、お開きに。僕がAについて知ることが出来たのは名前とバイトと在校している学校の名前くらいだ。

「お前ら連絡先交換しろよ」

僕ら二人は音よりも早く赤外線を交わした。どの口がと思ったが、もうめんどうなことはいやだ。

「今度二人で飲みに行こう。仁成くんのこと知りたいし」

ファミレスを出てえらい目にあったと思っているとAにそう言われた。いい娘だ。大抵ならこのまま何も言わずに帰るだろう。僕ならそうする。そうしようと思った。まだ判断は早いが、客観的に見てAとはいい付きあいをすることが出来ると思う。なぜなら喋っていないようで僕らは目で会話し、そして分かりあえたから。

しかし、僕にその気はない、全く。

ニコニコ動画を見ない女子なんて恋愛対象に入らないでしょ。無理無理。この調子だと2chは勿論テキストサイトも見なそうだし。ネットやらない、即ち趣味があわないんだよ。趣味がベースとカメラだとしたら?それでもない。あんなもんよりネットだ。とにかくネット。ネット万歳。ネットに跪きたい。ネットに抱かれたい。ネットの靴ならなめれる。ネットになら生涯費やせる。ネットのためなら世界を売れる。ネットのためなら死ねる。

その後、反省会と評してAを返した後、ファミレスの前でニコ動話を繰り広げたのは言うまでもない。




フタエノキワミ、アッーwwwwwwwwwwwwww
スポンサーサイト

Comment

投稿

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://galaxy000.blog123.fc2.com/tb.php/46-9e248541

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。