カウンター
[PR] ポイント ギャラクシー 御影石の彫刻

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

御影石の彫刻

「佐藤家之墓」

ディスイズグレイブオブシュガー。あえて英語にするならばこう言った具合だ。TOEICで83万点取った僕が言うのだから間違いない。

戯言はゴミの日に捨てるとして冒頭のあれが刻まれている物と言ったら勿論墓石だ。おそらくこれ一択。墓石と言ったらあれが刻まれているし、あれと言ったら墓石。戒名が刻まれることもあるだろうけれど、墓石のイメージは長方形に佐藤家之墓なのだ。

「優しさに包まれて」

しかし最近、全ての墓石に○○家之墓とは刻まれないらしい。墓石に刻む文字に決まりはないため自由に彫れる。そのため最近では故人の趣味や願い、座右の銘などなどを刻むのが流行りなのだとか。「やすらかに」「ありがとう」「いつもいっしょだよ」そして上の優しさ云々もまた過去、どこかの墓石に刻まれた文字の一つだ。「優しさに包まれて」を見たとき、魔女の宅急便の主題歌が頭の中で流れたってのは秘密だ。墓まで持っていこうと思う。

「いつもいっしょだよ」

余談であるが、これは死者の言葉でもっとも怖いものの一つじゃなかろうか。勿論、意図は呪音的なものではない。死んでも心はいつもあなたのそばにだとかそんな具合だろう。でも、全力で成仏して欲しい。怖い。それにだ。いつもいっしょ。ありがたい。ありがたいけれど、オナニーするときだけは、どうかそのときだけは一人にしてくれ。

個性だとかオリジナリティー。オンリーワンが求められる時代、平成だから流行る理由は分かる。僕の理解の範疇だ。でも、しかし、中には首を傾げざるを得ないものもある。

「愛煙」

もしもあなたが誰かに、分かりやすく具体名を出すとすれば、キングジョーに殺されたとする。キングジョーと言えばウルトラマンセブンの敵のロボットであるが、死後、あなたの墓石にキングジョーと刻まれたらどうだろう。自分を死に追いやった者の名前だ。嬉しかったり、誇らしかったり、勿論死んでいるから感情はないにしてもそれを想像した時に一種の快さを感じるだろうか。

イエスなら即座にキングジョーに踏みつぶされてくれ。頭おかしい。

極端な例だ。そして御影石の下に眠る人が喫煙から来る病によって死んだとは限らない。でも、喫煙とは命を削る物であって百害あって一利なし。墓石に刻む文字にふさわしくない。

何か他のものはなかったのだろうか。そうだな、僕が流行に習っていくつかあげていこう。

「女子高生」

安らかに眠れる気がする。

「金塊」

地獄の沙汰も金次第。

「おっぱい」

山あり谷ありの人生でした。

「ハーレム」

墓石の下では毎日酒池肉林っ!!

「夜は墓場で運動会」

次のプログラムは火の玉転がしです。

「少年よ、大志を抱け」

死してこそ。

「無題」

故に深い。

「ギャラクシー」

今宵も股間の小宇宙(コスモ)がうずく・・・・(どうしようもないサブタイ)。

「仁成」

やっぱりどうしようもない。

「仁成之墓」

どうしようもない墓。
スポンサーサイト

Comment

投稿

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://galaxy000.blog123.fc2.com/tb.php/44-48936844

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。