カウンター
[PR] ポイント ギャラクシー 偏愛×偏愛

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

偏愛×偏愛

浴衣から伸びるすっと細いうなじとか細くて白い指。耳の裏、足。

女性の体の部位の全てが好きだ、愛している。養いたい。一生を捧げてもいい。ただそれだけじゃ飽き足らない。お団子、眼鏡に女教師、煙草。髪型や職業、そして嗜好品。フェチに限りはない。

ビルに興奮する。

ここで確認しておきたいのは生半可な気持ちでフェチと言っているわけではない。性的な興奮の有無のレベルでの話だ。

「あなたはビルで勃起するか」

そんな質問を投げかけられる機会なんてなかなかない。83歳でこの世を去った僕の祖父はどうだったのだろうか。出兵時のことを頑なに語らなかったのは、あるいは。いや、ここでやめておこう。故人のために。

とにかくそんな質問に答える機会があれば僕はイエスと答える。

「もういいよ、黙れ」

あなたがそういいたくなるくらいイエスの後にビルに対する情熱について口を走らせるだろう。ビルを見ながらオナニーしたい。ちんことビルを並べて比べたい。その行為に何もないけれど、それだけで、いい。こんなのを20分ほど。

さて、ここまでひたすら突っ走ってきたが、そろそろ読者の方と向き合ってみようと思います。察するに今俗に言う「ドン引き」していますね?いいんです、いいんです。それがスタンダード。

とは言えスタンダード=正しいではない。

もうそろそろ珍しいフェチを迫害するのはやめにしよう。怒り狂う女子を見て興奮する人だって虫を食う女子を見て興奮する人だっている。それは奇妙に見えるかもしれない。でもあなた方に迷惑はかけない。ビルが好きだからと言ってビルの前の道でオナニーはしない。僕以外の人がいない世界でなら間違いなくするけれど。

もう全部受け入れていこう。それを自分でそれを実行するくらいの心持で。案外いいかもしれない。ここで可能性を潰すのはもったいない。世界中の皆が自分の性癖に自信が持てる優しい社会になればいいと願う。ただひたすら。

皆のため?いやいや。

ただこんな記事を書かないで済む世界に行きたい。
スポンサーサイト

Comment

投稿

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://galaxy000.blog123.fc2.com/tb.php/43-568959a3

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。