カウンター
[PR] ポイント ギャラクシー イーブン&フィフティー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イーブン&フィフティー

「人間五十年、下天のうちをくらぶれば、夢幻のごとくなり」

上記は織田信長の言葉ではあるがはっきり言おう。今日の更新にはあまり関係ない。あるとすれば前半部分のみ。後半部は意味すら知らない、分からない。ただインテリジェンスに見せたいから引っ張ってきた。エッセンス的なものだ。

さて現在の日本。平均寿命は80。それを半分にするとどうなるか。40だ。簡単な算数の問題。でも尺度を変えるとどうだろう。例えば体感時間。

「楽しい時間は早く過ぎ、苦しい時間はゆっくりと過ぎる」

体感時間とは文字通り体で感じる時間だ。例えば、カップラーメンにお湯を注いだ後の3分は長いだろうけれど、仕事中、特に納期前の3分なんてすぐに過ぎる。塵芥のようなもの。

この体感時間と年齢は大きく関係するらしい。幼ければ幼いほど、体感時間はゆっくりと感じるらしい。老いれば、その逆だ。もしも機会があれば小学生にストップウォッチを持たせて何もみないで1分で止めてもらって欲しい。きっと50秒代前半くらいで止めるだろう。逆に御老人は1分10秒くらいで止めるはずだ。

であるから、80を体感時間と言う尺度で半分にすると40ではない。もったいぶるのも難だから答えを言おう。80の半分は19だ。

「彼女なんて出来る気がしない。女死ね。男死ね。皆死ね」

19歳と言えばそんなことを考えながらAV見てちんちんしゅっしゅしている時期だった。高校の頃も然り、中学もまた。しかし、打って変わって小学生の頃は小学生らしく、ミニ四駆にポケモンにドラゴンボール、スーファミ、プレステ、コロコロにお熱を上げていた。あの頃は楽しいものが廻りに溢れていた。学校から橋って帰って夕方まで遊んで寝る。将来に夢を持てて不安なんてなくて。自由だった。

そんな過去の栄光に一つだけ心残りがある。

「パンツめくり」

怖かった。「えっち」だとか「スケベ」だとかそう言った類の言葉を投げつけられるのが何よりも怖かった。清さだ。清かった僕はきっと穢れを恐れたから、少しの穢れを大きくしたくなかったからなのだろう。しかし、汚れきった今なら分かる。

「穢れてよかった」

もしも、今、神が現れたとしよう。そしてこう言う。「これから先、お前は一切オナニー出来ない」僕は死を選ぼう。オナニーのためなら命をかけられる。まんこのためなら心を捨てれる。パンツのためなら悪魔に魂だって売り払おう。いや、待てよ。こうも考えれる。パンツこそ悪魔だ。男たちの視線を離さないバミューダトライアングル。パンツが見たい。パンツのことが頭から離れない。パンツの笑顔をみているだけで幸せになれる。一緒にいるだけでいい。出来れば脱がしたい。持ち帰りたい。口に含みたい。使った後はジップロックに入れて保存したい。

さあ、皆の衆。一秒も無駄にしてはならない。捲って捲ってスカートめくりのその先へ行こう。向こう側へ。スカート捲りの向こう側へ。


<数日後>

先日、捕まえた細身の青年。そうそう強制わいせつ罪で捕まえたあいつです。

だんまりを決め込んでいたんですけどいたのですが、今日やっと口を開いたんです。

ええ、それがですね。ブログを見てくれとだけ。
 
どうすればいいんですかね、ヤマさん。

そうですね。ブログを見てみるとします。


俺達の捜査はこれからだっ!!!
スポンサーサイト

Comment

投稿

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://galaxy000.blog123.fc2.com/tb.php/38-a347dccd

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。