カウンター
[PR] ポイント ギャラクシー 僕らのシャングリラ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

僕らのシャングリラ

最近、インターネット界隈でスイーツ(笑)と言う言葉をよく目にします。


スイーツ(笑) すいーつ
マスメディア(おもに女性誌)の女性向けの特集にならうことがおしゃれであると考え、特集を鵜呑みにして気取っている女性を揶揄する言葉。実際はメディアに踊らされているとしか言えない状態であることが多いのだが、当人にはその自覚はない。
そのような女性が洋菓子・デザートのことをスイーツと呼ぶことに由来する。いつ、誰が、どのような経緯で使い始めた言葉なのかはさだかではない。2007年に入ってコピペが完成し、流行した模様。




初見の方にこの言葉の意味を分かりやすく説明するならば、言われて気持ち言い言葉ではありません。ていうか、若者風に言えば超感じ悪い。英語で言えばソーバッド。ただ全ての女性に対してではなく、該当するのは常識がないヤンキー的な女性からエビちゃん大好きなミーハーな丸の内。結構幅広いけれど、常識があって貞操観念が強くて・・・的な女性は当てはまらない。基準を分かりやすく言えば、童貞好みの女性は該当しないと。例としては僕の好きな、いや、僕のククリはスイーツ(笑)には該当しない。僕のククリを馬鹿にすると、僕のグルグルが火を吹く。そういうことだ。

この言葉、スイーツ(笑)を聴いて皆さんどう思ったでしょうか。僕としては「まあ。」とお茶を濁したい所。確かに女性差別的な部分はある。けど、それは全ての女性に対してではなく、主に風紀を乱したりするヤンキー、貞操観念の薄そうなキャンキャン系の女性達に使われる言葉だ。だからと言って可!と言ってしまうのは短絡的過ぎるのだけれど、否定は出来ないところはある。そう思う。


しかしだ。これで本当にいいのか。いや、良くない。こんなのフェアじゃあない。男性に大しても同じくそんな総称を作るべきだ。

「それはあまりにも安直だ」

その意見は正しい。それを作る事よりもスイーツ(笑)と言う言葉をなくす策を講じるほうが吉だろう。しかし、世の中そんな綺麗事だけで通るものじゃない。いずれそのような言葉が生まれる可能性は高い。それを少し早めただけだ。


さて、ハリウッドの悪役が言いそうな屁理屈はどこかへぶん投げて男性を侮蔑する言葉の件です。女性の弱みであるミーハー気質を馬鹿にしたスイーツ(笑)。さて男性の弱点は。

「金玉を蹴り上げたら悶絶しました」

そう、確かにそうだ。しかし、それは「時計を見ながら行動しなさい」と言われて、常時時計を見っ放しで行動するに等しい。僕らの言いたいことはそういうことではない。でも、今回は正しい。そう僕らの弱点は股間周りにある。

「男性は浮気する生き物だ」

こんな言葉がある。男はどんなに好きな女性がいても、その女性にどんなに愛されても浮気をすると。生物的には子孫を残すため。その他は可愛い娘とやりたい。性欲処理。色々理由はあるだろう。

「据え膳食わぬは武士の恥」

こんな言葉もある。浮気を義務に昇華させているその言葉はおそらくことわざだとか格言に趣がない方でもプレイボーイであれば一回は使ったことがあるのではないだろうか。僕はない。

ザーメン(笑)

金玉が弱い僕らに対する蔑称としてこれを提案したい。意味、語感、言い安さ。全ての面から見てパーフェクトだ。

「うちの彼氏がザーメン(笑)でさー。セックス、セックスうるさいんだよねー」
「さいてー」

世の中の女性が街角、軒先、こたつの中でザーメン(笑)と男を呼ぶ社会。僕らに必要なのはこんな些細なことだ。絶対手に入れてみせる。これをマニュフェストに僕は政治の世界に足を踏み入れるのだけれど、その話はまた今度にしよう。
スポンサーサイト

Comment

投稿

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://galaxy000.blog123.fc2.com/tb.php/32-38f14ccf

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。