カウンター
[PR] ポイント ギャラクシー 女子からもキャーキャー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

女子からもキャーキャー

さんまさん(中略)いや、もうホンマに違う人やなと思うな、人種が。同じクラスにいたとすれば、絶対あの人はクラスの人気者で、女子からもキャーキャー言われて、面白い面白いって言われてる。オレはもう男八人ぐらいから絶大なる支持を得て(笑)、オレの言うことで七、八人はものすごい腹抱えてわらうねんけど、他の女は「なに?気持ち悪いいぃ~。なに考えてるのぉ~、分かンない」みたいに言われて(笑)

出典:「放送室」 高須光聖・松本人志



松本人志がラジオでさんまさんについて喋ってことなんですが、ずいぶん前の放送のことなのに今も覚えています。お笑いと言う正一辺倒に見えるファクターにも陰と陽があって即ちさんまが陽、松本が陰となるのです。陰部分でもっと分かりやすい例を出せば鳥肌実なんかが最たるものですね。うちの母親は鳥肌実と聴くだけで寒気がすると言います。そもそもなんで鳥肌実を知っているのか問い詰めたいですが、その隙がないくらいに嫌悪を隠しません。

笑えるのかどうか分からない(答えは明確なのですが、そういうことにしておきましょう)ブログですが、陰陽で唱えるならば、僕のブログは陰。ブログが「キモ」い!!で書いたのはそんな心です。まあ、七、八人の信者がつかないところに僕の才覚とかそんな部分に貧弱なものを感じるのですが、さんまと松本で言えばと言うことにしておいてください。

言うことにして置いてくださいと言ってもおそらく今の僕には「分からない奴には分からないだろうよ」な奢りを感じるでしょうから僕のブログのポジションをもっと厳密に言うとすれば、基本的に机に突っ伏して寝ているのだけれど、時折起きて寝ている者同士で和気藹々とやっているブログとなると思います。分かる人に分かればと言うよりも分かる人がいるの?不思議!となります。要は根っからの根暗ブログであると。


「最後に女子と喋ったのっていつだっけ?子宮から出てきた後喋ったっけ?」
そういうことを書くブログなんですよ。

「なんか僕俗に言うセカンド童貞らしいんですよ。長いことかけてようやく童貞卒業できたと思ったのにセカンドって(笑)っざけんな、ぶっ飛ばすぞ」
こういうことを。

「ちんこ握り締めすぎて精液に血が混じったことはあるか?」
うんうんこれこれ

「女は子宮で考えるというので脳外科医になったのに切開するのは頭ばかり。今にして思えば産婦人科が僕のシャングリラだったんだなあ」
これだね!

「ステーキが食いたくなったのでサイゼリアに行ったんですよ、一人で。一人でファミレス無理?じゃあ、死ねば?」
これ?

「最近と言ってもミニスカートを日本女性が穿き出したのは大分前のことですからあれなんですけど、大きな括り平安時代とか含めた括りで見れば女性の肌の露出度が高くなっているでしょ?そのうちトップレスになるんじゃねえかなって。それまで死ねないなって。僕が言いたいのはそれだけなんだけどね」
これなの?

「今日は掘北真希の乳首の色の考察についておこないたいと思います。興味深いでしょ?えへへ」
これではない(だけど近日公開予定)。

「姫咲しゅりを初めて見たときに忍者だと思いました。あの腰つきは相当な鍛錬を積まなければ、出来る芸当じゃないんですよ」
これじゃない!

僕が書きたかった文章はこんなんじゃない。うまく言語化出来ない。情報の伝達に齟齬が発生するかもしれない。でも、聞いてもんなんですが、さんま松本論で言えばさんま寄りの文章。

なんか気軽にパンツの話とか聴けるブログ。ロンブーの淳的な?まあ、今も聴けるけどさー。


Q.一番派手なパンツの形状を詳しく説明してください。

A.トランクス、ボクサー、トランクス、トランクス、トランクス。



こういうことになっちゃうから。野郎ばっかりでしょ、うちのブログ。やだやだ。当面はなんて言うか女性が集まるブログにしたいなって。女性が集まるにはどうすればいいか?いやいや、簡単じゃん。そんなの。ちんこの話してればいいんだよねー。女子ぃ?

だから明日からちんこ系ブログでいきたいと思うの。明日から「も」?いやいや。
スポンサーサイト

Comment

どうやってLANの向こうにいる人たちとセックスするんだよ。USBにつっこめるほど僕のちんこはデジタルじゃないぞ。

女性集めてどうするの?セカンド童貞捨てるの?

投稿

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://galaxy000.blog123.fc2.com/tb.php/108-86910e61

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。