カウンター
[PR] ポイント ギャラクシー 人生論

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人生論

激しい「喜び」はいらない。そのかわり深い「絶望」も無い「植物の心」のような人生を。そんな「平穏な生活」こそわたしの目標。



ジョジョの吉良吉影と言うキャラクターをご存知でしょうか。知らない方には申し訳在りませんが、続きはウェブでならぬ続きは漫画でとしておきます。または人類の叡智wikipediaをご参照下さい。

さて彼の言葉であるところの上記の引用なんですが、要は彼は平穏こそが至高である論者なんです。悲しみと喜び。この二つに一喜一憂するのが人生と言っても云々なところがありますが、その中間を平行にずっと進んでいくことこそが目指すところであると。少し余談かもしれませんが、吉良吉影の数奇なところは平穏を得るために努力することなのです。二律背反なんてワードが頭をよぎりますが、平穏を獲得するためなら何も省みない。例えば近親者の死。これが辛いのであれば近親者を愛さなければいい。平穏至高論者のタカ派とでも言えばいいのでしょうか。

諸意見あるかと思いますが、僕はこの論に賛成です。勿論僕はハトもハト。大きな悲しみを避けることが出来るなら大きな喜びはいらないとそこのところは同じです。近親者の死を避けることが出来るならば当たらない宝くじを死ぬまで買おうとそんなスタンス。ただ財布を落とす程度の不幸だとかは別にあってもいいスパイスだよねとそんなとこ。偶然出会った同級生とゆきずりのおまんこかますとかね。そういうことです。

それで本題なのですが、今日はガツンと言わせてもらいたいことがありましてね。誰かと衝突するというのは僕の目標であるところの平穏の理念に相反するかもしれませんが、致し方がない。平穏なんて今だけは春の風の前の塵の如し。人生論よりも大事な何かがここにある。

「まんこグロ過ぎ」

今日夢を見たんですよ。アイハブアドリーム。アイアムドリーム。大層綺麗な女性がナース服を着ていてムラムラしたとかそんな話なんですけどね。一筋縄じゃいかんのです。まんこ前途多難。ナース服を脱いでパンティー一枚になった女子を見ながら「あら、これはいいパンティー」とか思っていたんですけど、いきなりパンティーから得体の知れない化け物が出てきましてね。瞬間、僕の体がバキッと悲鳴を上げて・・・結果として胴体を持っていかれたんですよ。胸から腹にかけて虚空が広がっていた。僕も驚いてさ。「ふべふっ!」なんて叫びながら起きたんですけど、顔に涙が伝ってたからね。マジで怖かった。なんてモン飼ってんだよ。

もしもおまんこがもっとやさしい感じ?鼻セレブみたいな感じだったらこんな夢見なかったと思うの。夢の中だけど、ひっさしぶりのおまんこを楽しめたんだ。本当におまんこは悔い改めた方がいい。僕は久しぶりに怒ってる。大体母性の欠片もないでしょ?まんこに。これだから胸に母性のポジを取って代わられてしまうんですよ。ちんこはバリバリとその頂点におるからね。英語で言うとチンコイズマン。マンと言ってもおまんこのことじゃないですからね?


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。

今回の更新はさすがにやばい。おまんこって何回言っているんだよ、どれ数えてみるか。いや、いいか。自己嫌悪せざるを得ないよねー^^もうこんな自分いやだ。綺麗な自分、新しい自分に生まれ変わりたい。そうシャウトして母親の子宮に飛び込んだら首がひっかかって窒息死。いやー、良かった。これが平穏かー的な。 
スポンサーサイト

Comment

投稿

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://galaxy000.blog123.fc2.com/tb.php/105-f9d773d0

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。