カウンター
[PR] ポイント ギャラクシー 2010年01月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

美しき友情のテーマ

コンプレックスじゃないけど、アナルは人に見られたくないじゃないですか?

あけましておめでとうございます。今年も悪夢が始まりましたね。そう僕の日記です。

年の始めはいつも何々をしようだのなんだのと心清らかな気持ちでいるもんですが、まあ、そんなこともなくアナルから始まる日記です。いやー世の中怖い。まあ、今重要なのはそんなことじゃなくアナルの羞恥心なんで今年もよろしくお願いしますとだけ言って年のはじめを終わりにします。

アナルを見られたくない理由ってのはおそらくメビウスの輪のようなもんでまずアナルを見せる人に対して世の中が寛容じゃないからだと思うんですよ。ちんこだったら案外見せれるもんじゃん。テキーラ三杯も飲めば僕の息子を紹介しますってなもんでちんこは余裕。

でもアナルは無理じゃん。ちんこ出したらアホだなあの笑いが起きるかもしれんけど、アナルでアホだなあの笑いは起きない。うわあ・・・じゃん。アナルはやっぱ気持ち悪いもん。ちんこも気持ち悪いけど、まだってところ。

じゃあそれは何故ってえとアナルを見せる人が少ない、すなわち誰も彼もアナルを見られたくないからでそっからアナルに厳しい文化が形成されてると思う。そんな感じだからアナルに優しい社会は未来永劫訪れないと思うの。

だから親友の定義をするとき僕は心のアナルを見せれる相手って言う。まじもんのアナルは見せれないけれど、僕の心の中の一番デリケートで弱くて見られたくない場所を見せれる相手が親友だと。僕は完全に弱みを見せてくれない相手には心が開けないっていう人間不信野郎だから同時に心のアナルを見せてくれる人っての成立する。相互関係はばっちりだぜ。

そんなアナルの見せ合いの仲を形成出来たのが22年もの年月、何をやってたのか分からないけれど、一人だけで、しかもちんこがない種の人。そんな人から年賀状が来て頼りにしてこい、私は頼りにするとか書いてあって嬉しかったなあと書きたかっただけなんですけど、美しき友情もアナル、アナル言ってりゃあ全て台無し。同じく汚い言葉を吐くうちに今年も悪夢に終わる予感がしてならないのです。友情も日常も日々の積み重ねが大事なのだなあ。ハッピーニューイヤー。
スポンサーサイト

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。