カウンター
[PR] ポイント ギャラクシー 思考は空論

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

想像力は人を殺した

ベッドにて女の子と乱痴気騒ぎした後はいつも虚しい。毎晩、毎晩腕の中で眠る女の子を眺めながら僕は祈る。僕の罪が消えるように。僕の中の穢れが、僕から彼女に入り込んだ穢れが消えるように。彼女を汚してしまったことを彼女の両親に打ち明け、殴られ、罵倒されたい。そこに愛はあった。必ずあった。しかしそれが両親に関係あるだろうか。ただ愛しい娘がどこかの男に抱かれたと言う苦い事実だけ。愛が無ければ苦すぎる事実。ああ、娘をもつのだけはやめとこう。

想像が僕の夜を殺す。甘い夜はすぐに姿を変えて地獄になる。僕はもう誰かと一緒に寝たくない。至って普通な日常の裏側。それを僕は想像で見てしまった。

想像は人を殺すね。

とある文筆家は漠然たる不安なんて書き残して死んだけれど、彼の人生と僕の人生。比べると哀れなもので僕が可哀想になるからやめておくけど、漠然たる不安なんて誰しもがもってるものだと思う。ただ彼は作風から察するに彼はとりわけ漠然たる不安を想像するのに長けていたから彼は漠然たる不安に死んだ。漠然たる不安の母は彼の想像であってだから彼は想像に殺されたのだろう。彼がもしも明るい、希望、未来、人間賛美についての小説ばかり書くような人であれば玉川上水に漂うことはなかったのかもしれない。

想像は時に人を殺す。

正しくはこうなる。ああ、それなら自分は安心だと思ってはいけない。大変危険だ。

銃は人を殺す。銃は人を殺すために作られたから。だから僕らは銃を持つときに細心の注意を払う。

ライオンは人を殺す。どうだろうか。ライオンはいつも人を殺すのか。ノーだ。満腹なライオンは人を殺したりはしない。しかしその牙の恐ろしさ故に人はライオンの前に姿を表さない。

想像は人を殺すのになぜ僕らは想像に注意を払わないのか。想像が殺すのは自分以外の誰かと思ってはいないか。明日想像があなたを殺す可能性が0ではない。そこに想像の危うさがある。その危うさに気づかなかった愚かな男こそが僕だ。想像は人を選ばず殺す。

貧相な想像力しか持ち合わせていないセカンド童貞2年弱の僕でさえもプレイボーイ風の日記をでっちあげてしまったがため今こんなにも想像力に殺されかけている。

本当の間抜けは僕だ。僕に残っているのはちっぽけな親からの遺産10億円だけ。
スポンサーサイト

俺の歌

FC2もたいそう気の毒だなって思う。

こんなくそったれなブログのくそ日記を二進数のよく分からない感じのあれとして残すのにはいくらか分からないけれど大なり小なりお金が発生しているわけ。金をかける必要がないくそブログに。
まあ、でもそこはあんまり問題じゃなくて広告収入。FC2の食いだねである広告収入をこのブログはいくら稼いでいるんだろうねって考えるとやっぱりわかんねえんだけど、最低クラスの金額をたたきだせることは間違いない。
何よりもFC2の社員の母親がどれどれ息子の会社が管理しているのブログを覗いて見んとすして僕のブログを見たらって考えるともうごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいつー感じ。田舎に帰ってきなさい。次の日優しく論されるのだな。

ブログ閉鎖します。

この流れだとこうするのが順当なのだけれど、でもそうじゃないと思うの。一ヶ月あけて今日こうやって更新するわけだけど、未だに毎日のようにこのブログに足を運んでくれるヒトがいるわけ。多くはない、けして多くはない。
だけれども毎日僕のブログに足を運んでくれるヒトがいるのに今日ここで「もうブログあきちゃったんで」的なノリで閉鎖するのはあまりにも誠意がない。もう僕はブログを始めたころのように童貞じゃないし、女の子と毎日しゃべって時折手もつなぐし、何より忙しくなった。でも僕は僕のままで・・・とかどうとかはどうでもいい。ブログを書き続けたい。それだけだ。

それでは最初の曲を聴いてください。

セイアイギャラクシー。

と思ったけどブログももう飽き飽きなんでまた今度更新します。

美少女AV嬢

美少女がAVに出ていたらショックだ。ちくしょうなんでこんな娘が。世知辛い世知辛い。今は年収300の俺だけど、数年後には500、600。稼ぎ出して嫁に迎える。幸せな家庭を築く。80で死ぬ。数分後ちんこがドビュッシーを奏でて思う。クソビッチがっ!!数ヶ月後美少女が引退して娑婆に戻って首を垂れる。オナネタ喪失。ロストパラダイス。桃源郷崩壊。ああ、いやだ。

僕らの過ちを簡単に書けばこんな感じだ。そうこれは過ち。過ちオブベスト。ちょっと最初から考えてごらん。あほぬかすなの意である。

美少女だから男が寄ってくる。男を知ってる。股がゆるくなる。AV出演。まあ、こんなとこだろう。美少女だからAVに出るのだ。こんな美少女がAVに?なんら不思議はないよ。ごちゃごちゃくっだらねえこと考えてないで美少女がAVに出ることを感謝した方がいい感じ。つーか、画面に挟まれてる僕らにはそれしかない。

だけどやっぱり感じてしまうはヒーローイズム。俺がお前が救い出すぞ!本当はAVなんて出たくないんだろ?でも俺に出来ることなんてちくしょう!ああ、気持ちいい。気持ちいいよう!とちんこをこすりながら浮き世はいと辛しとなってしまう。

でも本当につらいのはこれだけ女がいるのに誰にも好かれず誰も好かず。部屋で一人寒風摩擦に勤しむ。これだね。世の中で一番哀れな男。それが僕らの名前だ。

そんな僕らを優しく包んでくれる女子がいたらいい。頑張ったねと頭をなでてくれ。その間中僕らは右手のピストン運動を止めないけれども、それを気にしない女。これこそが僕らの理想の名前だ。

だけど、休息は一時でいい。いつまでも休んだままではいられない。戦う。苦悩する。立ち上がる。これが男の生き様だ。であるからしてそれを与えてくれる美少女AV嬢こそが僕らの現実の名前。そして僕らの現実はくそったれだよ、ちくしょう。橘レモン何処へ?ってそんなフィーリン。

論語る

22歳ってもういい年齢でしょ?おっさんですわ、おっさん。っていうんもね、恋愛で言うとの話なんですけど。恋愛人生は大体30が関の山なんすよ。33のおばさんと付き合いたいですか?僕は死んでもいやだ。

30で俺の青春は死ぬ。

まー、人しだいってのも否めない。30になってもかっこいい奴はいるし、抱かれたい男として俄然木村拓哉は輝いてる。でもそういうイレギュラー考えるのめんどくっせーんで具体的な数値を出すと30じゃねえかなって。30過ぎたら男女肉体的には崩れ去るのみじゃん(ひょー!)。でさらに具体的な数値を出せば大体15から男女混じっていやらしいこと始める。だから22つうともう半分はきててふっつーの人生に換算すると40歳くらいなわけ。かわいい女の子に詰め寄られても「40にして惑わず」つってぶっさいくな今の彼女を選ばなきゃならねえの。僕なら迷わずかわいい子選ぶけど。これが40にして迷わずの意味か。ぶっさいくな彼女もいねえけどよう。

恋愛人生中年の僕なんですが、今の状況は相当やばいね。不特定多数の女子とデートを重ねて終電で帰宅。まあ、自慢なんですけど。女に困らないっつー自慢でしかない。

でもね、こんな自慢にキーッってなってるようじゃ僕から言わせてもらえば哀れでしかないよ。なぜなら僕は40歳。マイホームとか持っててもおかしくないし、車庫にはカローラつうのがベストなの。決まった彼女と結婚にむけて貯金とかしてるくらいじゃないともうだめなわけ。婚期の第一波が着々と!着々と迫ってきてんだよ!ファックだよ、まったく・・・・。

そろそろね、まじで彼女を作らないとやばいからね。先日僕も晴れて彼女いない暦一年になったから。ふわっふわと女の子とご飯行ってる場合じゃない。

つう話をいない暦一年弱のときに職場の女の子としてたらめっちゃ顔近づけて「私を彼女にすれば?」って言われて。「40にして迷わず」とかぜんぜん。チューしてえしか考えることができなかったね。で、その次におかしいな、こいつ彼氏いるのにって。思わず言ったわ。

「すっげーね」

リアルな話していいかな?彼氏はラグビー部出身で身長190センチだぜ?この話を知った彼氏が怒り狂って日ごろ鍛えているあの腹筋、背筋、上腕二頭筋、大胸筋を僕にぶつけたら僕はどうなるかな?死ぬね。死んだ。俺死んだ。はい死んだー。俺もラグビーやっときゃあよかったね。でももう死んだからどうしようもないわ。来世でアイシールド頑張る!ってなるでしょ?

すっげーよ、この娘の一言。超ド級だなって思った。人を一人殺すからね。

僕もそんなブログやりてえなって思う。

ブログなんてたかだが三年が寿命でもうこのブログを一年と9ヶ月やってるから僕のブログも中年がいいとこで50にして立つだなーって。やっと方針が決まったなって。でもそれなのにこんなふわりとした更新してる自分に言いたい。

すっげーね。

ごまかしのいろは

夜が明けて空が白く染まる頃にテレビをつけると情報番組がやっている。

どこそこのパンがおいしいとか天気がどうだから今週末はデートでどこそこに行くのがよいとか。そんなどうしようもないことをわざわざ公共の電波を使って発信。くっそくだらないのだけれど、そこに出ているアナウンサー的な女子のレベルがそこそこだからたまに「あーくだらねー!」しながら見る。何よりもそこに深みがあるから。

情報番組女子A「私のほうがアヤパンよりもかわいいのに!」

この議題について話すとすればYES!である。高島彩よりもかわいい女の子がざらに出てくる。ではどうして彼女たちはめざましテレビに出ることが出来ないのか。何やらどんよりとした大人の世界が垣間見えるようなそんな気がする。

「めざましのためにそんな娼婦のようなこと出来ません!」

だから僕は朝の情報番組が好きだ。

・・・・・・・・・・・・って友達が言ってたんですよ。マジできもい。死ねばいいのに。え?だめ?こういうのだめ?ばればれ?僕ってばればれ?うっせー、ちんこぶち込むぞ!

なんかあるでしょ?フェチズムのカミングアウトで変な空気にさせちゃうこと。夜中の3時くらいに性癖の話しようぜ!ってアルコールと眠気でぐだりながらなるじゃん。そこでトップギアでいけると思ったらみんなセカンド止まりで大惨事。うわああああああ!!!ってなるじゃん。今回みたいにね。ここをうまく乗り越えるなきゃならない。そもそもしゃべらなきゃいいんだけど、語りたい夜ってあるから。ディザイアを語ってしまった上で成功へ導こうって今日はそんな更新。

「って無理矢理言ってみたけどないわwwwだめだ、これww」
いやそんなこと俺の本心じゃないんだけどねコースに持ち込みたいけど、持ち込めない。そんなコース。痛々しさが残るだけのワスート二位のアンサー。

「はあ!オナニーしたくなってきた!」
オナニーと言うビッグインパクトですべてを打ち滅ぼす。まさにデストロイ。しかしこれはあまりにも多くの俺を傷つけすぎるから。朝の情報番組でオナニーするケダモノの称号を得るだけ。

「って言っちゃう俺が好き!」
すべて受け入れていこうつう感じでラブ&ピースの精神を具現化したのがこれ。三枚目にうまく着地。しかしそこはヨゴレゾーン。あなたも明日から明るい変態です。

「ってリリー・フランキーが言ってたわww」
あれ?これ正解っぽくね?とりあえず下ネタはフランキーにふっておけば間違いない。みうらじゅんでも可じゃね?フランキーが言うならしょうがないもん。

なんかさすがやね。俺さすがすぎる。出来る男仁成。マイサンシャイン仁成。抱かれたい男仁成。木村拓也仁成。自分の才能が怖いよ。

下ネタのカムアウトはこれで終わりにして、次は「まじ上司ぶっ飛ばしてえ!!」って口外したら後ろに上司がいたケースのごまかし方なんですけどね・・・。なんていうか助けてください。切実に。

イントロ

冬が終わり春が来た。

故郷であるところの仙台~惰性を貪るところ~を抜け出して今年度から東京で社会人。帰宅途中にコンビニに寄ってガリガリクンを買うのが何よりも楽しみだ。

そう言ってしまうと何やらひどく寂しい情景が浮かぶのだが、そんなことはない。僕はここに社会人デビューを極めた。超サイヤ人(リア充)として今日も働いてきた。ネクタイはスーツカンパニーだ。

いやいや、ふざけんなよ、仁成のくせに!

そんな言葉もあるだろうけど、僕にはどうしようもない案件だ。だって同期に人気があるのもモテてしまうのもしょうがないことじゃないか。僕には関係ない。ただ一言ハウトゥーするのであればなにかにつけて「おいおい、てめー死ねよ!」と言っておけば笑いが取れてそしてモテる。なんでかはわからない。複雑怪奇な世の中である。あとは強いて言うならこの美貌なのかな^^

そんなことはどうでもいい。

スーパーおまんこタイムの始まりだ!!!

だって、そういうことでしょ?これを期待してこのブログに来たんでしょ?ほんっとうにあんたら好きもんやな。真面目な顔して電車乗って出社して上司の顔を伺いながら仕事して牛丼食って帰宅してネット開いて「どれどれ」とか小難しい顔しながらこのブログを。見ているわけでしょ?・・・・・・本当に汚らわしいな、君たちは。出会ったのがインターネットで本当によかった。もしもあなた方が同期、取引業者、合コンの相手はたまた上司だったらえらいことだよ。オレのために死んでほしい。・・・・・・・・・・・何?死ぬと申すか。それではその命私が貰い受けよう。私が死ぬまで忠義を果たすがよい。

とかなんねーかな?だめ?こういうのだめ?とりあえず男からは金を徴収、女の子肉便器にして俺の帝国を築くつうストーリーなんだけどだめ?またアクセス減るだけ?なんでブログで読者に死ねって言うとアクセス減るのかなあ?ねえ?

読者様のおみ足をなめさせていただきたくこれから少しずつではありますが、ブログを更新していきたいと思っております。

こういうことだろ?あんたたちが欲しくてたまらない肉棒はこんな形なんだろ?僕のようなクズが地面を舌でなぜるのが楽しくてしょうがないんだろ?入社前研修中に廊下で「だっりー!」してたら社長が前を通りかかったとかそんなんが欲しいんだろ?めっちゃ冷や汗でた。首になるかと思ったもんね。あせらせやがって!死にさらせ!

つうわけで題名がセンスのないことで有名なギャラクシー再始動です。社会人編。OLのまんこってなんであんなに黒ずんでるの?とか合コン相手が初恋の相手だったとかそんな話をしていきたいと思う。でも強いて言うならこんなブログはやくやめちまいたいよ。

脱非モテっていうか(笑)

もうどうでもいいやのスタンスのブクログを始めたのは肉欲企画。がやっていたからと言う可愛い理由でした。twitterは仮性ソーダのはっさん氏が。サイハテギャラクシーははてなダイアリー最近面白くね?の心で。tumblrはこれから来るだろうのあれです。


今日ここに収める2manjiはクラッシュログ(naked)のプロフィールで見つけてなんていうかもう「可愛い娘はっけーん!!」のトキメキが止められずに・・・。このミーハー気質どうにかしてよ!!


2manji



あまりメジャーなコンテンツではないと思うので簡単に説明させていただくと雑誌のインタビュー風バトン。バトンと言ってもインタビューの内容は自分でピックアップまたは作ることも出来て文中に画像を貼ることも出来ましてね。僕の拙い説明よりもそなたの綺麗な眼でしかと見届けるのが吉かと思います。某有名洋楽情報誌を参考に書かせていただきました。

これは継続して続けると言うよりはむしろ一回こっきりで行きたいなのスタンスです。その貴重な一回で言いたかったことに関しては脱非モテキャラってだけ。あとは蛇足!ゴミ!ゴミ!

モテてごめんな!とか彼女出来ました!とか言いたいんですけど、相変わらず変な女性に好かれるためセカンド童貞のままです。彼女が出来たらまた2manjiで書きたいと思いますが、出来る気がしないのでそういう意味で一回って感じですね(笑)

ちんこに名前がない

「ピュンピュン丸で心霊スポットに行ってきましたwww」

こんな文章に見覚えがある人がいたら目の前で「うわ、気持ちわるっ!」と瞬発的な僕の感情を露わにしてやりたい。僕がmixiに手を染めたのがおそらく3年程前の話だと思うのだが、日記の内容はどこへでかけたどこで遊んだとそんなことばかりであった。そして出かけるときに用いたツールが原付。その名をピュンピュン丸と言った。

何が「その名をピュンピュン丸と言った」だボケカスものなのだが、こう言えばあなたの意見も変わるだろう。「女子受け」が良かった。「ピュンピュン丸って可愛いですね」「原付の名前可愛いwww」これは来てるといわざるを得ないだろ?

だが、ここで一つある真実を耳打ちしたい。ピュンピュン丸の元ネタは高校時代の友人のちんこの名前なのだ。僕の友人の中で一番頭がおかしいKがちんこにピュンピュン丸と名をつけて愛でていたのだ。その語感のよさとキュートな響きが僕の琴線に触れて女子の指が「可愛いですね」を奏でた。そしてその状況に僕の心が、体が、ちんこが君を求めているサイクルなのである。

ちんこに名前をつける風潮がどこまで広がっているか分からない。僕も名前をつけていた時期があったが、そんなに魅力のある遊びだとは思っていなかった。しかし、それも最近まで。アントニオ・ストラディバリのページでストラディバリウスに名前をつけることが慣習であることを知り、またちゃんとした名前をつけてやろうと思う。

何も名器であるとそんな主張をしたいわけではない。女子数人に遅漏王と罵られていた僕だ。ちんこのライフは0に近い。僕が愛でねば誰が愛でる。そんな心である。


「ルーシー」
皆さんご存知高嶋ちさ子。彼女が使用するストラディバリウスの名前がこのルーシーなのだ。どういうわけでこういう名前がついたのかは分からないが、僕もこんな名前をつけれたらと思う。あとは勿論猛々しさとその動きの鈍足さが名前で出せたら何も言うことはない。いや、動きの遅さと言うかだね・・・ごにょごにょ・・・・。

「ジョン」
名前でつなけでみたけれど、何か面白みに欠ける。それはおそらく英語圏でちんこを指す隠語にジョンが使われる。そのステレオタイプな部分が起因する感情なんだろう。自分のちんこの欠点をネットに発信しているのだからもっと面白い名前にしたい。

「ゆっくりしていってね」
ここまでボケに走るのはちょっと・・・・。確かに遅さが全面的に出されている。今目の前に元彼女がいたとしたら笑っただろう。最早想像でしかないが、その笑顔が可愛くて・・・・やっぱりあの娘のことが好きです!

「杏さゆり」
元彼女の名前をちんこにつける。これはさすがにないだろう。「さゆりを扱く」「さゆりがチャックに挟まった」「さゆりが大きくなった」なくはないかもしれないぞ・・・・有りだ!!いや、ない。そもそもが杏さゆりと交際した記憶がない。何やってんの、俺。

「バウンサーレオ」
どうにも浮かばないので「スタイリッシュで面白くて遅い」をgoogleに叩き込んでやったら出てきたのがこのブログ。題名の「ブログ打ちながらの自転車片手運転の坂はきついです。」って書いてあったので道交法違反の疑いで通報してやりましたよ。イケメンは俺の敵や。時にはフィクションを楽しもう。これがこのブログのコピーです^^名前?もうそういうテンションじゃないんで・・・・。

「【巧遅拙速】(こうちせっそく)-上手で遅いよりも、下手でも速いほうがいいということ」
満たしているよ?僕の要求は全て満たしている。ちんこに四字熟語って面白いと思うし、スタイリッシュかつ遅い感じが出てる。だって遅って入ってるもん。ただ下手で遅いから問題なんだよねー。

「【六菖十菊】(ろくしょうじっきく)手遅れのたとえ」
あわわわわー。

「泌尿器科」
今必要な名前はこれだ。

アイラブシー 

ある程度は考えてタイプしたクソの文章であるこのブログは対照的に別館ブログであるところの「サイハテギャラクシー」は刹那のときも考えずにタイプしたクソの文章のブログなのです。

その別館ブログでとあるシリーズをやっておりましてね。それが何であるかを言うと大変なネタバレになってしまうのですが、今日は毎日更新している別館ブログの宣伝も兼ねてここに出張する形でそのシリーズの一つを書きたいと思います。ていうか書いたので僕の痴態を見て欲しい。これが僕の全てだ。




「ジュース奢ってやるよ。どれがいい?」

「わはコーラで」

「じゃあ、爽健美茶な!」

おそらくまたスーパー誤字脱字タイムが始まったなんてそう思われたんだろう。これはタイプミスではない「わ」と言うのが一人称の名詞であると耳打ちすればあなたも納得するだろうか。青森のどの地域化は忘れてしまったけれど、青森のとある地域では自分のことを指すのに「わ」を用いるのだ。それをタイプミスだなんて・・・・。空気の綺麗なところでそのすさんだ心をどうかした方がいい。ただ洞察力は優れていると言わざるを得ない。いつもタイプミスばかりで申し訳ないです。

何かと手狭を指摘されるここ日本であるが、47も都道府県があり、47個の文化がある。その文化の違いはそこかしこに溢れている。

有名なところで言えば赤味噌vs白味噌。日本人の心と言っても過言ではない味噌汁。これを赤味噌で作るか白味噌で作るか。赤か白か?薔薇戦争の趣を感じますが、内実は文化の違いが生んだ些細な衝突。今現在彼女がいない僕は「ふーん。別れれば?」の心。東京も大阪もなくなればええやんなあ?


僕の住む県で言えば「オタフクソースまじいらねーよ!あんなもん流しに捨てちゃえ!」なんて言うと「いいぞ!もっとやれ!次の総選挙ではお前に投票するぞ!ブルドッグ大臣!」と多くの後押しを頂けるのです。ブルドッグソース最強説を唱えている県民ばかりが揃った県。それが我が県なのです。僕もその説の論者であるけれど今僕が足をつけているのはインターネットの世界。世界中各国の目を集めている。一言だけ告げさせて欲しい。

オタフクソースおいしいです^q^


何かと食に関するエピソードが多いけれど、最後のエピソードも食。


先日、大阪にお住まいの方と喋った時の話「お好み焼き定食」なるものが存在することを知った。お好み焼きと言えば普通はお好み焼きだけで食べるものであり、バヤリースとの食い合わせが最高。そして〆のアイスは珠玉の一言な食べ物である。それをご飯とお味噌汁で頂くと言うのはその価値観で22年を過ごした僕にはいささか理解しがたい話である。

ただ僕は大阪美人にこう教えたい。文化を越えて人を愛する、あなたを愛する自信があります。


彼女募集中です!!




と言うわけで「彼女募集中です!!」シリーズでした。

 | HOME |  »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。