カウンター
[PR] ポイント ギャラクシー 万進は日々

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

わーわー

同級生が結婚しようがしまいがどうでもいいんですけど、フェイスブックで結婚しましたって報告に対して結婚したんだ☆おめでとう!みたいなコメントを誰々さんがしましたみたいなのであー誰々が結婚したんだー、へーみたいなのがただでさえ辛いのにそんなのが今月二回あったので僕の気持ちは穏やかではない。

結婚した同級生は15人目くらいなのですが、結婚報告は全員人伝。結婚式なんて呼ばれたことなんてない。15人のうちの一人はかなり仲良しだとおもっていた斎藤も含まれて本当に僕は友達が少ない。

友達がいない。

少ないなんておこがましい。いないのである。この前も仲がいいと思ってた友達に電話かけたら知らんおばさん出てご家族ですか?いいえ全く知らん、そんな奴みたいなやり取りのあとに電話を切って分かったね。電話番号が変わってから大分経つのだなと。

そんな僕に友達なんているのか。否、いない。今日も一人で街に出ようと思って扉を開けるとそこは春であった。誰にでも春は来るのである。
スポンサーサイト

いつの日か

大槻ひびきと言うAV女優がいます。

この方が好みで済ましてしまってはなんとも軽く、ああ、言葉は無力だなあ、何か分かりやすい言葉はないものか、例えば愛とかなんて思ったりするのですが、でも画面の向こうであんあん言ってるだけの存在ですから大槻ひびきに対する愛なく、がしかしこの世で一番可愛いし、次点の壇蜜に圧倒的大差をつけて勝利してる、っていうかこのランキングどうなの?ただのスケベじゃん俺という次第であります。

は?

兎にも角にも大槻ひびきが人類で一番可愛いと思ってるからそんなんがフェラチオだのクンニだのしたりされたりしてるのを見ながらオナニーに望むと凄い興奮して満足度が高いんですけど、事後の喪失感が半端なくていつもなら一通り、手など、時には裏筋などを拭いてから停止のボタンを押すのだけれど、大槻ひびきで抜いた後は即座に停止。時折半透明な物質がリモコンに付着し狂乱するのであります。

思うにオナニーって言うのは事後も含めて全てだから。おうちに着くまでが遠足だから結果大槻ひびきで抜いた(ヒビニー)後はブルー通り越してブラック。事後の気分により結局あんなに気持ちよかった真っ最中もトータルでプラマイ0どころかむしろマイナス。憂鬱感を抱えて会社に行って帰ってきたら早く寝たい気分だけどまたヒビニーしてしまったりしてそんな日が続いてく。そのうちおそらく大槻ひびきも引退して僕はひどく悲しんで時折「大槻ひびき 引退 風俗」なんて検索したりするんだろうけど、それも忘れてまた新たにそういう存在が出たり、出なかったりするのだろう。そんな可能性と忘却の連続が未来にはある。

そう未来はある。

我は求め、訴えたり。

夢にAV女優が出てきてしかも上司!

そんな受け入れ難きをなんなりと受け入れることができるのは夢だからなのか馬鹿なのか男の性なのか仕事終わりに僕と浜崎リオは熱い結合を果たしていた(夢で)。「セックス出来る上司なんてリオちゃんくらいだよ」結合数分後の俺。有史以来最大の間抜けである。

起きてR.Hamasakiのボインの余韻に浸りながらシャワーを浴びてそのまま髪をとかしてコーヒーを淹れてもまだ僕の二つの曇りなき眼はそこにはないHカップのおっぱいを見ていた。

しかも半勃起。

ピンポーンとチャイムが鳴って鍵が開けっ放しのドアを開けて彼女が入ってきてやっと幻想は消えて目の前にあるのは彼女のリアルな肌のぬくもりとそして罪悪感?夢であっても違う娘とセックスしちゃったし、一応、、、声には出さないけれど、謝る。


ていうのが二ヵ月前。


そして先週、僕はソープ街の前にいた。

まじかー!ってなるよね。俺もなった。でももう耐えられないねん。彼女に不満はない。セックスも気持ちいい。あそこもくさくない!でもただひとつ巨乳に対するカルマからはどうしても逃れられない。Dカップじゃ満たされないものがある。Hカップ?なんなんですかー!そのHなカップ数はーーーーーーーーー!!!

ネットで嬢を調べて(Hカップ)総額いくらかかるか知恵袋で抑えてシャワーを浴びて目当てのソープ店の前に立ち、帰ってきた。彼女がいるなのに風俗はやはりまずい。

おっぱい揉みてええええええええええええええ!!!!!!!!!うぎゃあああああgsyがどsdがさdhbkさんdかっだsd。


いや、もう無理じゃね?浮気とか道徳とか倫理とかそんなのもうどうでもいい。無理無理。もう我慢できなーい。おっぱいを、揉みたい。でっけえでっけえお月様。小さなクレーターから静かな海まで丹念に嘗アポロ計画。新月、三日月、そして十六夜(いざよい)ときて更待月(ふけまちづき)!!

一部文章の乱れがありましたことをお詫び申し上げますが、Eカップ以上はおっぱいと認めねえからな、メス豚ども!


それでもまあ、彼女の(Dカップ)は週二ペースで揉んだり、なめたり、時に乱暴に扱ったりして結局マイベストフェイバリットおっぱい。不満があるかっつたら正直ないんだよね。ただ辛いものも甘いものも食べたい的な。決してほかの娘とセックスしたいわけじゃなくてただ俺はMBLの選手で目の前にあるのはおっぱいじゃない、バスケットボール。バインバイン、ボインボイン。バイイィィンンンンン!!スーパーシュート!!なんて、ちょっとやんちゃしたいだけ。

「えへへ、Eカップになりました」

左おっぱいを俺の右腕でもまれている彼女が照れながらこう言った。超かわいい!いとおしい!神は正義の味方だなってそう思ったよ。初めて俺が結婚を意識した瞬間であったね。

美しき友情のテーマ

コンプレックスじゃないけど、アナルは人に見られたくないじゃないですか?

あけましておめでとうございます。今年も悪夢が始まりましたね。そう僕の日記です。

年の始めはいつも何々をしようだのなんだのと心清らかな気持ちでいるもんですが、まあ、そんなこともなくアナルから始まる日記です。いやー世の中怖い。まあ、今重要なのはそんなことじゃなくアナルの羞恥心なんで今年もよろしくお願いしますとだけ言って年のはじめを終わりにします。

アナルを見られたくない理由ってのはおそらくメビウスの輪のようなもんでまずアナルを見せる人に対して世の中が寛容じゃないからだと思うんですよ。ちんこだったら案外見せれるもんじゃん。テキーラ三杯も飲めば僕の息子を紹介しますってなもんでちんこは余裕。

でもアナルは無理じゃん。ちんこ出したらアホだなあの笑いが起きるかもしれんけど、アナルでアホだなあの笑いは起きない。うわあ・・・じゃん。アナルはやっぱ気持ち悪いもん。ちんこも気持ち悪いけど、まだってところ。

じゃあそれは何故ってえとアナルを見せる人が少ない、すなわち誰も彼もアナルを見られたくないからでそっからアナルに厳しい文化が形成されてると思う。そんな感じだからアナルに優しい社会は未来永劫訪れないと思うの。

だから親友の定義をするとき僕は心のアナルを見せれる相手って言う。まじもんのアナルは見せれないけれど、僕の心の中の一番デリケートで弱くて見られたくない場所を見せれる相手が親友だと。僕は完全に弱みを見せてくれない相手には心が開けないっていう人間不信野郎だから同時に心のアナルを見せてくれる人っての成立する。相互関係はばっちりだぜ。

そんなアナルの見せ合いの仲を形成出来たのが22年もの年月、何をやってたのか分からないけれど、一人だけで、しかもちんこがない種の人。そんな人から年賀状が来て頼りにしてこい、私は頼りにするとか書いてあって嬉しかったなあと書きたかっただけなんですけど、美しき友情もアナル、アナル言ってりゃあ全て台無し。同じく汚い言葉を吐くうちに今年も悪夢に終わる予感がしてならないのです。友情も日常も日々の積み重ねが大事なのだなあ。ハッピーニューイヤー。

マジしばくよ?

昨今普及している開閉式の傘は13世紀のイタリアで発明されたっていうソースはグーグル検索斜め読みだから明日会社で得意気に傘は13世紀のイタリアで云々とするのはお控えいただくのが懸命なんだけど、まあ、詳しい場所と時代はいい。問題は長い間ずっと雨の日に革命はないってことである。

やれワードだ、エクセルだとやっても何百年も雨の日はズボンの裾はビショビショなのだ。小難しい顔でダフだ、ナスダックだと言っても結局は数百年変わらないまま。阿呆である。

しかし、何も僕らが悪いわけではない。僕らが今から傘に革命を!とチェ・ゲバラしようとしたところで永きに渡る人生を無駄にするだけでおそらく結婚できないまま小さな団地で孤独死をするだけだからやめといた方がいい。それよりも傘を作る人々の革命をただただ待って利益をしたり顔で享受する日を待つしかないのだ。これが民衆の正しき姿だ。頭の良い人達に任せておけばよい。

だけど、民衆の役目は他にもある。野次だ。不満を漏らしてと言うよりは絶叫してパイオニアの尻を叩かなければならない。士気をあげてやるのだ。

傘業界怠慢が過ぎるぞー!俺の足元を見てみろ!ビショビショだ!お前らのせいだ。お前を生んだ母親のせいだ!

こうやるのだ。

しかし、まあ、本日僕が尻を叩きたいのは傘業界ではなくて洗濯業界であるから傘の話はもう一切しないで洗濯の話をする。

洗濯機の歴史は古く13世紀のイタリアなんてことはなくてそれよりずっと最近なんだけど、そろそろパンツとか靴下を干す時に使用する洗濯ばさみがいっぱいぶら下がったあれをどうにかして欲しい。

世の中の人が我慢強いのか鈍感なのか民衆としての義務を怠っているのか分からないが、僕はパンツを干している時が一番の苦痛だからここで洗濯業界の尻を蹴り上げたい。

どうにかならんのか?

なんだなんだ随分力がないじゃないかとお思いかもしれないがそりゃあそうだ。圧制の舌では民衆の声は小さくなる。誰か光となる人がいてやっと民衆の声は大きくなる。僕は今洗濯ばさみのぶらぶらの圧制の下でぐうの音も出ないのである。願わくば誰か・・・!

とここで僕は一人乾燥機と言う光を見つける。乾燥してれば干す必要がない。ブラブラを使う必要がない。だから乾燥機の尻を蹴り上げる。乾燥機の怠慢だー!と。

乾燥機が普及しないのが悪い。必要はない。しかしあれば便利。まあ、こんなもん世の中にゴロゴロしててその中では乾燥機は普及してる方なんだろうけど、東京から渋滞がなくならない限り、乾燥機の怠慢を叫ぶことはやめない。東京の車はむしろ不便だ。

普及とかどうでもいいじゃん。乾燥機買えば?

確かに!

でもね、乾燥機は新卒の僕には高い買い物であるからやはり乾燥機が普及してもらわないと話にならない。車が普及したことにより価格競争が始まり、安価になり、質が高くなったように、乾燥機でも同じことが起きるはずだ。即ち安価で質の高い乾燥機が僕の自宅に来る。しかし乾燥機に魅力が足りないばかりに乾燥機の普及率は冴えない。

乾燥機はチェ・ゲバラになれないとわかった僕は諦める。椅子に座り、机に肘をつき深く首を垂れる。弱った男がここにいる。どうするかは貴女たちの自由だ。

そばにいて欲しい。

これで愛が生まれたら、ビーラブドしたら、僕はあのブラブラを許せる気がする。だからブラブラ業界の人たちは頑張れ。超がんばれ。ブラブラ界の変革よりも俺が愛に満たされる生活を送るためにはどうしたらいいか本気出して考えろ。

結局は愛。ワールドワイドラブである。

悪い男

「仁成さん素敵。本当にかっこいい。」

こんなことを顔面偏差値70オーバーの女子に言われたらこの世はでっかい宝島ー♪ってなるじゃないですか。こいつ連れて仙台帰るわー。もう東京でやり残したことねえ!友達と仕事よりも女だよなーってゲラりながらビール飲んでた。そんな上機嫌な休日に下北沢歩いてたらその娘が男と手をつないで歩いてて「あっらー」って。フラリフラリとなんとかマックに入って「世の中世知辛いっすねー」「ですなー」ってぼやいてたら四時間経ってた。「この後どうする?」「帰るわ」「おっけ」友の背中を眺めながら決意した。僕は傷つける側に回る。

傷つけられるくらいなら傷つけてやる。稚拙かどうかなんてどうでもいい。道徳も常識も理論も。ただ思う。女は魔物だ。女の子はあのやわらかい肌の下に魔物を飼っている。それでも僕は女の子が好きだからあのやわらかさが女の子の奥の奥までずっと続いていて欲しい。続いているんだ。続いている。続いているよと・・・・・。でももううんざりだ。僕は搾取する側に廻る。僕が手をつなぐ側に廻る。僕だけが女の子の心を動かす。僕はただ自分の奥底の魔物と向き合う。魔物の言うことだけを聞く。そして魔物になる。悪男ここに誕生である。

「今日のパンツ何色なん?」

「死ね」

いや、こう言うのじゃない。

「経験人数何人?」

「7人です」

19歳でこれかよ・・・・。14で初体験ってのを後から聞いたからえーっと・・・・・・・。ってちげえだろ!

「いやー、制服姿はいいね」

「萌えます」

「萌えるわー」

「嬉しいです」

これはいい傾向じゃあるまいか?女の子の心を決定的につかむ決定的な一打を・・・。

「みんなと結婚したい!!」

プッ、プレイボーイ!!!

「死ね」

心の傷と世の中の世知辛さとそしてマゾヒズムな快感。僕が得たのはそれだけだ。

胸と肉

先日、多摩川のほとりでバーベキューをするというイベントの通達があった。砂埃が舞い折角の食材を汚染するかもしれぬし、座るところも不自由で固いゴツゴツした石の上に敷いた青ビニールに座ることを強いられ、疲れた体で重たいコンロを運び、窮屈な私鉄に乗るなど言語道断である。のほほんと不参加でと同期連に通達したところ強制参加の旨を知ったので上司の足にすがりこういった。

自分は太陽光を好まず、折角の休日に河原にでて赤外線で肌を焦がしては次の日の仕事に差し支える。バーベキューにより同僚と親交を深めるのは大事なことであるが、仕事が第一である。その仕事をないがしろには出来ない。よって私はバーベキューに参加しない。

まあ、翌日曜僕は河原にいた。

存外バーベキューは楽しく炭を見張る者、バレーを講じる者、水切り、お喋り、シェスタとまあ、様々であった。自分は女子とのおしゃべりに全神経を集中し、肉が焼けたと聞こえれば、肉を食らい、肉がなくなれば女子。肉、女子、肉の往復であった。楽しくないわけがない。少し遅刻し、また少し皆より早く帰り、また肉ばかり食らい、河原にさく花、オフィスレディーに囲まれた自分は炭を見張っていた男性社員になんだてめえはとぶうたられたのだが、こいつは申し訳ない、私がわるうございと680円のラー麺を馳走してやることによって事なきを得た。世の中調子よく回るのが一番いい。この会社で学んだことはこれだけだ。

さてそんな楽しいバーベキューであったが一つドギマギしたことがあった。自分は脇に手を挟み指をベースプレイヤーのようにちょこまかと動かす癖があるのだが、多摩川で太陽の日をサンサンしながら指を動かしていたところ柔らかい感触。むむむ?と指の切っ先を見てみたら思いっきし女性社員の胸を愛撫していた。うちの法務部門は普通の会社よりも強く、将来そこに行けば女性社員の憧れの的であると考えていたのだが、その法務部門を今敵に回すなどあってはならない。と女性の身よりも自分の身を心配して土下座せんとす勢いで謝った。

すみませんでした!

顔を真っ赤にしてただ自分の将来を案じる自分に女性社員は無言のアンサー。後日聞いてみれば泥酔していたため覚えていないとのこと。あほやないか、こいつ。まあ、胸を愛撫するほど近くにいることを気づかない僕もかなり酔っていたよ。

バーベキュー案外悪くはないではないか。肉は食えるし、胸は触れる。毎日のように開きたいなあと考えていたところ社員旅行の通達があり、これも強制参加であり、自分は真っ先に肉は食えるのか、胸は揉めるのかと聞いたところ総務の課長にばしこーん殴られた。

転じて転落

見事な転落振りである。一週間ほど前はこの世の中をなんて素敵なところなのだろう。光あれ。ハレルーヤ!などと考えていたが、なんてことはない。この世の中は最低だ。

一週間前の状況をさらりと書けばリア充そのもので彼女ができるのも秒読み、同期と友達に溢れかえり、ネクタイかっこいいですねと女子契約社員に誉められる。そんな素敵ライフだった。

しかし、今週になって件の女子からはぱったり連絡が途絶え、上司が優しいと思ったら異様なまでに仕事を振られ、まあ、これもキャリアへの・・と考えていたら謎の腰痛に悩まされ、この世を憎悪する始末。まあ、早退出来たから腰痛はいいや。今週の仕事の消化率は未だに5パーセント未満。死ねる。

それにしてもなんなのだろう、このダメダメ加減は。週末とともに俺の人生も終わってしまったのだろうか。僕の力ではもうどうにもならんと上司に場末の居酒屋で女からメールがない(原文そのまま)と汚れた20代後半のような事を漏らすと汚れた20後半の上司は風俗行けばと言う金言を授けてくれた。死ね!

結局は自分の力でどうにかするしかない。女からメールがないことを逐一上司に報告するようじゃエリートサラリーマン、六本木ヒルズの向こう側は見えてこないのだ。腰痛がなんだ、くそったれと自分の腰にドロップキック食らわすくらいの意気込みでないと駄目だ。まあ、おそらくが食らった刹那に俺の腰は死ぬ。

どうすればいいか。答えは簡単だ。他の女の子を探す。えー、それでいいの?仁成さん。あんさんあの娘にベタ惚れなんやろ?

もう引きずるのはやめたの!!

諦めって肝心だよねって思う。メールがねえ!と人妻歴一カ月の女友達に泣きついたところそのうちあるよと返ってきたが、そのうちじゃおっせーんだよ、このみそっかす!!そのうち僕はおっさんになって耳の裏からこの世のものとは思えない、されど確かにそこに存在するようなスメルを発生させることになる。夏場はランニングシャツが透けるほど、汗をかき、その汗はサラサラというよりはドロドロが適当で・・・とにかく僕に今引きずる時間はない。

昨日、病院に行ったところ一週間安静にしていないとマジで腰が死にますと医者に脅された。

腰の痛みを引きずるのか?引きずる?引きずる。とか考えながら件の女子を思い浮かべる、今日は火曜日。週末にはこの世が滅んでいたらいい。

今の生活に関する考証。

最近充実した生活を送っていると言う事をお伝えしなければならない。勿論こんなものは義務じゃあない。礼儀として。具体的に書いてもまあ、面白い話ではないので省くけれど、ネットで言うところのリア充なのだろう、自称であり、また公称でもある。

これを伝えせずして「あぁ、おまんこしてえな」と書き殴っていたのでは国辱物な僕の日常と思考から織り成すブログを期待してここに足を運んだ人を裏切る形になるのではないかと、そう思ったから充実していると書く。充実していることが裏切りかどうかについてはまた別の機会につうかしゃらくせえ!

しかしだ。男女入り乱れて酒を呑んでいる時も女子と二人向かい合って酒を呑んでいるときも上司の金で酒を呑んでいるときも自分の居場所はここではないんだぞとどこか反骨めいた感情で胸がいっぱいになることが刹那だけれどもある。僕は自分に甘い人間だからそんなこと知ったものかとやんややんやと泡盛を胃に流し込んでそろそろ気持ち悪くなったぞとゲーゲーやる。一通り吐いて卓を共に囲んだ人たちにどうもすみませんでした。もうお酒は呑みませんと平謝りして帰宅。鞄を放り出しネクタイを脱ぎ、Yシャツを脱ぐか脱がないかくらいでベッドにノックダウン。仁成選手6ラウンドの接戦の末マットに沈みましたー!!

要は家だ!そういうことでしょ?家が一番いい。終電なくなっちゃったね?つうならタクシーで帰ればいい。帰る事をいの一番に考えてくれ。タクシーだと5000円くらいかかるなら何故終電逃したんだとこうなる。まあ、それを言うよりも今この瞬間をどう乗り切るかが大事になるから今日は漫画喫茶にでも泊まれば?つって俺はタクシーで帰る。わざわざ変なホテルに泊まりたくないし、始発を待ってマックでダベりたくないでしょ?俺が今必要としてるのは自宅であってちんこが気持ちよくなることなんて二の次なの!!

なんでこんなにもいいんだろうな、自宅。飯食って風呂入って寝る。それだけの自宅がこんなにも愛おしい。安息の地自宅。ユートピア自宅。神々の住む地自宅。

そもそもだ。自宅で遊んでいれば終電を逃すことはない。もし相手が逃しても今日泊まっていけば?となり、結果として自宅にずっといることが出来てちんこも気持ちよくなる。これ以上の一石二鳥がどこにあるんだ。

しかし先日、実家に帰ったとき僕は思った。自宅なんてくそくらえだ。実家にはどう足掻いても勝てない。僕のシャングリラは実家にあったのだ。驚いたことに実家にいるときは何もしなくてもいいのだ。夕日が沈んで幾許かしたころにホカホカのご飯が出てくる。それに食らいつきテレビを見ていると風呂がいい案配の時間に沸き、さっぱりした後はふかふかの布団で眠りにつくのだ、Zzz。

ああ、実家はなんてすばらしいんだろうと実家に住む母親と言う人にどうやったら実家に住めるのかと尋ねたところいたく心配されたため、僕はなーんちゃって!とごまかしたが、ひどく残念に思った。どうしてだ!!

そう言えば実家を自宅と呼んでいた頃は僕は実家から出たがっていた。女子を気軽に読んでちんこに対する摩擦刺激を受けることが出来ない実家にすっかりと嫌気がさしていたのだ。しかしこうしてみるとなんてことはない。自宅でも女の子を呼び出すなんて作業は出来ないのだ。畜生、騙された!

結局のところは何かを決める時にちんこの気持ちよさを考慮にいれてはいけないつうことなのだろう。その結果が今の僕の生活だからだ。充実した生活を送っていてもちんこが気持ちよくなくちゃ・・・。今回の更新をまとめるとこういうことになるのだが、まあ結局はちんこである。

 | HOME |  »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。